ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ホテル内ホームレス(バリ島6日目)。
2007-09-17 Mon 20:38
お食事を食べながら読むのはやめといたほうが良いと思います。

******************************

朝6時激しい胃痛で目覚めました。
何とかトイレに駆け込むものの、胃液しか吐けません。
しかも未だかつてないほど痛い胃痙攣でそのまま床へ倒れこみました。
大理石の床が冷たすぎるぞボケー!と感じるほど意識はバッチリ。

胃痙攣は連続して起こるのではないので、マシなうちにベッドによじ登りました。
で相方にサクロン&正露丸を飲まされるがもちろん効くはずもなくべッドで安静状態でした。
10時頃とりあえず朝食を取りにいくも、胃痛で何も食べれません。
そんな私を尻目に相方は
「このご飯日本のお米だ!」
と大喜びで2杯もお代わり。
味噌汁やら納豆やら漬物を食べて幸せそうでした。
それを目の当たりにした私は悲しいやら、悔しいやら、痛いはでポロポロ泣いてました。
(なので写真なし。)

でもこのビョーキは胃痛だけでは治まりませんでした。
その後襲ってきたのは激しい下痢でした。
それは私だけではなく、相方にも襲ってきて二人で代わりばんこにトイレに通ってました。

下痢はひどいものでくしゃみもオナラも油断出来ません。
大腸と膀胱の配管まちがってるんか?!どっちやねん!とツッコミたくなるくらいおかしかったです。

原因を色々考えてみました。
①リッツのウェルカムフルーツは食べ物ではなく飾り物だった。
②リッツカールトンの高級さに身体がついていかなかった。
③昨夜ローカルレストランで食べたバビ・グリン。
20071002141554.jpg
どう考えてもコイツだよコイツ。
No more Babi Guling!
(バビ・グリンはもうたくさんだ!)


そんな私達に無常にもチェックアウトの時間がきました。
12時チェックアウトして荷物をとりあえずホテルに預けました。
歩くのも辛いしロビーでボーっとしてました。
この頃には私はどんどん熱が出て冷えピタ貼ってました。
冷えピタ貼って、定期的に小走りでトイレに通う怪しげな日本人になってました。
怪しすぎたのか誰も声をかけてきませんでした。

何とかホテル内Damar Terraceというトイレ近くのカフェで休憩。
こんな時なのに間違って冷たいジュース頼んでるし・・・。
20071002143414.jpg

ジュースと一緒に出されたスナック&木の実はいつもなら相方と競ってたべるとこなのに2人とも食欲ゼロで食べれませんでした。
でもこの頃には胃痛は少しマシになり、腹の具合の悪さにも慣れてきました。
20071002143442.jpg

14時に予約していたにマッサージのお迎えがきました。
こんな時マッサージってどないやねん?!という感じですが日本に居る時に既に予約していたし、マッサージで身体の関節痛やダルさが何とかならぬものかかと藁をもすがる気持ちでLa’vieというマッサージへ。
マッサージに行くまでも途中でトイレに行きたくなったらどうしようという不安はありましたが、幸い1時間ごとの便意だったので大丈夫でした。
カウンセリングで
「(何がでてくるかわからないので)お腹は押さないでください。」
とお願いすると、お腹と胸には触るマッサージではないとのこと。
私の心配は杞憂でした。

ここで色々メニューはあるみたいですがコンビネーションマッサージとやらをしてもらいました。
2人のバリニーズ女子にマッサージをしてもらいます。

1人が肩、腰をしてくれてるとき、もう1人が足。
1人が右側担当なら、もう1人左側(この時は2人同時の動きでやってくれます)。
けっこう痛いです。

隣では相方も同じやつしてもらってて、頭を指で激しく擦るマッサージがあって相方のデリケートな頭髪が心配になりました。
そしてマッサージのお姉さんの上に仰向けに寝っころがって腰と背中を伸ばすやつは私は腰が痛くて断念しました。
相方はそのマッサージのときお姉さんに「ダイジョウブ?」
と聞かれてましたが、お姉さんの倍の体重の相方がのっかってることのほうが
「ダイジョウブ?」と思いました。

相方はマッサージでニヤニヤしてたら私に怒られると思ったらしく、神妙な面持ちを心がけてたらしいです。
私のマッサージのお姉さんは、私がオッサンで近所にこのマッサージがあったら間違いなく毎日指名しちゃうねというほど可愛かったです。

そしてホテルに戻ってきても、どこへも行く元気もなくまたDamar Terraceに行きました。
マッサージで少し気分(あくまでも身体ではなく気分のみ)がマシになったので調子に乗ってケーキを頼みました。
上からか下から出ようがもう本当に最後の食事になるからね。
ホントはアフタヌーンティーしたかったのに、強力な助っ人の相方が何も食べられないのでお茶とケーキのみ。

お茶はハイビスカスやラズベリーなどが入った赤い紅茶を蜂蜜でいただきました。
茶漉しはココナッツの実に穴を開けたもので、リッツの土産物屋にも売ってました。

ケーキはミルフィーユです。
周りに煮た林檎をペケポンにあしらってあって、カスタードクリームが優しい味ですこぶる美味しかったです。
無理してでも食べといて良かったです。
20071002143630.jpg20071002143559.jpg
風の通る静かで居心地の良いカフェでした。
別窓 | BALI Travel 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<さようならバリ(バリ島6日目)。 | ひろぽん♪は~い。 | はじめてエステ(バリ島5日目)。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。