ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
大阪コテコテツアー。
2007-06-20 Wed 22:43
実家梅酒を漬けた後ソファで意識を失ってしまいました。
実家ソファは背もたれが高く?長く?て物凄く座り心地が良いです。
なので2時間ドラマのサスペンスでは2時間中1時間30分くらいはお父さんとお母さんは仲良く並んで寝てはります。

13時にお父さんと待ち合わせてランチへ。
あっさりが良いというお父さんの意見は置いといて、串揚げを食べに行きました。
串揚げといえば今大阪でアツイのは新世界らしいですが、何か怖いので難波に新しく出来た赤井英和のお店だるまに行きました。
20070629224045.jpg
法善寺にある水掛不動さんの近くです。
お店の前で一澤帆布のカバンを斜めがけして待っているお父さん。





串揚げといったらお酒もでしょということで私は梅酒をお父さんは生中を頼みました。
お父さん生中頼んでから、透析したあと酒飲んだあかんねんやて。遅いわ。
昼酒すると大人って気がするし、嬉しいです。
レディースセットやら新世界コース、法善寺コースとかあるけど私らは少食なので仲良く6本づつ頼みました。
20070629224112.jpg
ほとんどの人(関西人)は知ってはると思うけど、串揚げの食べ方には新世界ルールがあります。
それは
串揚げを(ソースの入ったバットに)二度漬けしないこと。
これ破ったら店の人にどつきまわされますよ。
(関東の人は大阪は相当怖いところだと思ってはるのでほんとに信じます。)
串揚げに口をつけてからソース足りひんわって思ったら、キャベツでソースをうまいことすくって串揚げに塗るのがツウらしいです。

串揚げの後は丸福珈琲店へ。
ゆきにヤ○ザさんの事務所があって、ビビりました。
丸福で生まれて初めて
「レイコーちょうだい。」
って言ってるおばちゃんが居はりました。
レイコーとは私のお姑レイコさんのことではもちろんありません。
レイコー→冷コー→冷たいコーヒー→アイスコーヒー万歳!万歳!万歳!
(類似でコールコーヒーもあります。)
(私はよう言わへんけど)おばちゃん一生「レイコー」ゆいつづけてください。
20070629224149.jpg
私は暑がりのクセにクーラーが苦手なので、暑い日でもあったかいのを頼みます。
ここのカフェオレおいし。
20070629224208.jpg
珈琲屋さんらしいオブジェがレトロかわいい。




天神橋筋六丁目にある住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館にも行きました。
私は初めてでしたがお父さんは何回か来た事あるらしいです。
江戸時代の大阪や近代大阪などの展示があります。
人間国宝桂米朝師匠がナレーターをやっていて
町屋を「まっちゃ」って言ってたところに何かキュンときました。
あと大大阪時代ってあったんだけど何か気になる言葉でした。
20070629224224.jpg
空(天井)模様が変わり、朝から夜になり花火だってあがります。
なので2日(空模様2回転)居ました。
あぁヒマジンな親子です…。
20070629224241.jpg
大阪華やかなりし頃。
新世界はフランス・パリを参考に作られたので今でも通天閣のまわりには凱旋門のように放射状に道路があります。
20070629224258.jpg
床が昔の大阪の地図になってます。今の実家付近に佇む二人。
このあと天満市場へ。
黒門市場には何回か行ったことあるけど、大阪に住んでいたのに天満市場は初めてでした。
黒門市場はプロの買い物の市場っぽいけど、天満市場は庶民の台所といった感じで浪速のオッサン、オバチャンであふれてました。
ここでは和牛のお肉を買ってもらいました。
霜降りまくりの和牛も東京と違ってお安いです。

大阪を3年しか離れてないけど、すごいパワーで圧倒されました。
恐るべし大阪でした。
東京の人が大阪を怖がるのが何となくわかったような一日でした。
東京の人らにとったら外国(アジア)みたいな感じるのではないかという気がします。
あっI LOVE OSAKA.ですよ。嫌いじゃないですよ。

だるま なんば法善寺店
住所   大阪中央区難波1-1-4
営業時間 12:00~22:00(オーダーストップ20分前)
定休日  年中無休
予約可能(お電話にて)4名~24名様まで
電話番号 06-6211-8112

丸福珈琲店 千日前本店
〒542-0074 大阪市中央区千日前1-9-1
TEL:06-6211-3474
FAX:06-6211-3401
営業時間 AM8:00~PM11:00
     モーニングサービス (月~金のみ)
定休日  年中無休(元日のみ休業)

住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館
〒530-0041
大阪市北区天神橋6丁目4-20 大阪市立住まいのミュージアム
tel.06-6242-1170
fax.06-6354-3002
■開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
■休館日  火曜日(祝日の場合は翌日)
      祝日の翌日(日曜日、月曜日の場合を除く)
第3月曜日(祝日、振替休日の場合はその週の水曜日)
年末年始(12/25~1/3)
※上記のほか臨時休館することがあります。

別窓 | le jounal(日記) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<山荘におでかけ@大山崎 | ひろぽん♪は~い。 | 再び梅酒。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。