ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
いまさら「パフューム」。
2007-04-18 Wed 10:57
リョウコ嬢と会社終わった後に遊びました。
渋谷で待ち合わせしました。
(今日は初めてハチ公以外で待ち合わせした記念日。)

映画が20時半からだったのでリョウコ嬢オススメの「ちんとんしゃん」という沖縄料理屋さんへ。
地下にあるお店でちょっと不安だったけど着席したら
「お疲れ様です!!!」って従業員のみんなで言ってくれるんです。
これが恥ずかしいけど、それ以上に嬉しいです。

ゴーヤチャンプルは苦いからあんまり好きくないのだけど、美味しく食べれました。
米好きの私がオススメなのはラードとにんにく醤油をご飯に混ぜてあるラードご飯です。
ラードご飯と聞いたら気持ちワルって思うかもですが、本当に美味しい!
あぁ肥えるわ。

ラフティーが品切れで代わりに頼んだことこと煮込んだ軟骨ソーキの煮物。
骨をしゃぶるかと思いきや、ラフティーと変わらぬ美味しさでした。
映画を見る予定がなかったらココでダラダラ呑んじゃいそうでした。

さて今日の日記は飲みにいったことじゃなくて映画のこと。
すごい驚きいっぱいの映画でした。

この映画を見てない人はスルーしてやってください。

この映画は見るつもりがないけどどんなんやったかちょろっと知りたい人どうぞ!
ネタバレです。

「パフューム~ある人殺しの物語~」は大方の人の予想を裏切る映画です。
香水―ある人殺しの物語 香水―ある人殺しの物語
パトリック ジュースキント、パトリック・ジュースキント 他 (1988/12)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

ストーリー
ドイツ映画史上最大の製作費をかけた最高傑作!
ベルリンフィルの壮大な音楽と共に、その香りが、その衝撃が、5感を貫く!
恐ろしくも哀しい天才の狂気に、世界は激震する!
悪臭が立ちこめる18世紀パリ―。孤児のグルネイユは、産まれながらに体臭がなく、代わりにずば抜けた臭覚を持っていた。闇夜でさえ鼻を頼りに自在に歩ける彼は、やがて天才香水調合師となり、その名声はパリ中に響き渡る。究極の香りを追求することに魂を捧げるグルネイユ。
時を同じくしてパリの人々を震撼させる連続殺人が発生する。被害者は、赤毛の処女。彼女たちはみな一様に髪を切り落とされ、全裸の遺体で発見されるのだった。
究極の香りと処女の死体。犯罪史上最も純粋な動機が仄かな香りと共に狂気に変わる―。


目を覆いたくなるような、もう匂いがココまで届きそうな映像でした。
それが良い匂いだといいのですが、腐りかけの生魚や、清潔でない垢や泥まみれの人とかを舐めるように見せられます。

主人公のグルネイユ君は良い香水を作るためにフランスのグラースに行きます。
ここで人の香りを保存するのに色んな若い女の子を殺して香水作ってバレテみんなの前でこん棒でどつきまわされる刑になります。
そこでグルネイユ君完成させた香水をハンカチにつけて振り回すのです。
その香りを嗅いだどつきまわす係のおっちゃんが
「この人は無実です。
この人は天使です!」やって。
なんでやねんと思ってるうち、群集の人たちもその香りに酔っちゃいます。
でグルネイユ君が香水つきのハンカチを振り回すたびに、群集から歓声があがりその香りに酔っていきます。
ここで映画館中に笑いがおきてました!

そして教会のエライさんも含め750人もの男女が愛の営みを演じてはりました・・・。
もう目が点です。

そしてグルネイユ君香水持って、パリに帰ります。
何を思ったのかグルネイユ君着いたとたん香水かぶっちゃいます。
するとまたその香りに引き付けられたホームレスの男女がグルネイユ君に群がります。
そして服だけが残ります。
最後はカニバリズム(食人愛好)ですか。
後半はつっこみどころ満載の映画です。

私としてはみんなの前でこん棒でどつきまわされてお仕舞いにした方が良かったんじゃないかと思いました。
別窓 | le cinema(映画) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<お茶事@新宿柿傳 | ひろぽん♪は~い。 | スタイを作りました。>>
この記事のコメント
#992
ありがとうございます!!!
DVD出たら見ます★
で、つっこみます!
2007-04-24 Tue 22:32 | URL | yuki #-[ 内容変更] | top↑
#993 読んじゃったのねん。
yuki>
私はすごい芸術性の高い映画だと思ったんだけど、後半はsoftbank以上に予想外でした。
キモ怖いので、電気をつけてなるべく誰かと見たほうが良いかも。
2007-04-25 Wed 11:35 | URL | hiropon #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。