ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
メンリッヘン展望台からクライネ・シャイデック展望台までハイキング。
2009-08-16 Sun 12:06
09081601.jpgグリンデルワルドの町は標高1034mでだいたい軽井沢くらいです。
夜寝るときは長そで長ズボンに合い布団でちょうどいいです。
朝はとっても涼しいですが、空気が清々として気持ちいいです。

朝ごはんは下のレストランでいただきます。
ビュッフェ形式で、飲み物は別に頼みます。

パン類とハム、チーズで野菜はありません。
種類は多いのですが、えらくシンプルです。
かつて泊まったドイツのユースホステルの朝食のようです。
(ちなみにパリのユースホステルはフランスパンと飲み物のみ!)

スイスのホテルで共通していたのは、テーブルにガラ入れがあること。
(右の写真ではわかりにくいですが、パンの後ろにあります。)
日本で言うなら、蟹を食べるときとかにテーブルに置いてあるやつが必ず置いてあります。
そこにジャムや蜂蜜のパックや果物の皮などを捨てるようになってます。
これ家でやってもいいかもと思います。

09081602.jpgグリンデルワルドの駅です。
こんなにちっさい駅なのです。
ここから電車に乗って、ケーブルカーの駅まで行きます。
もちろん個人旅行なので交通費は自分持ちです。
電車賃やケーブルカー代は高いのですが、スイスカードという半額になるチケットを持っているのでお得です。
2人で1人分の金額で良いってことです。
そして片道より往復で買うとさらにちょっと割引されます。

電車に乗るとあれれれれ?
泊まってるホテルを通り過ぎ下の駅にあっという間に着きました。
ホテルから駅までわざわざ登山して行ったのに・・・。
ホテルから直接ケーブルカーの駅に歩いて行けたこと発覚!

09081603.jpg 09081604.jpg
電車に乗って、ケーブルカーに乗って本日のハイキングコースへ。

09081605.jpgカランコロ~ンというのどかなカウベルの音とともに牛が草を食むのが見えます。
スイスの牛にカウベルを付けていない牛はいません。
そのカウベルは昔は何らかの意味を持っていたのかもしれませんが、現在はお土産屋でカウベルを売るための広告なんだろくらいに思ってました。

でも違ってた。
(お得意の勘違い。)
牛はカウベルの音が聞こえると食欲がわくらしい。

あれ?
レイコさんが2年前にスイスに行った時の相方へのお土産がカウベルでした。
万年ダイエッターの相方にカウベル・・・。

09081607.jpg 09081606.jpg
若い牛。前髪かわいい。                目的地までの看板があるので迷うことなし。

09081608.jpgスイス初のハイキングはメンリッヘン展望台(2227m)からクライネ・シャイデック展望台(2061m)です。

ユングフラウ、アイガー、メンヒの3つの山を見ながらのハイキング。
このメンリッヘン展望台からクライネ・シャイデック展望台のコースはとかく花がたくさん咲いているしほぼ平坦道なので歩いてて楽しいです。

日本で山登りというと、中高年の趣味のようですがここスイスでは老若男女が思い思いのスタイルで楽しんではります。

半分棺桶に足を突っこんだような老夫婦(失礼)や乳飲み子を天蓋付きの背負子で背負ったお父さんとか。
背負子を背負ってるのはお父さんだけなく、お母さんも居てはりました。
外国のお母さんはたくましい!
日本人女子がやろうもんなら体格の貧相さからいって「おしん」だよ。
歩けるような子はどんな小さい子でも、いっちょまえにトレッキングシューズを履いてました。

ストックはほどんどが2本使うスタイルの人が多かったです。
私も今回の為に2本使いのストックを買ったのですが、2本使いはとても歩きやすいです。

09081609.jpg 09081610.jpg
毒花「トリカブト」も綺麗に咲いてました。      落石注意しようがない。

090815FLOWER7.jpg 090815FLOWER1.jpg
090815FLOWER2.jpg 090815FLOWER3.jpg
090815FLOWER4.jpg 090815FLOWER5.jpg
090815FLOWER6.jpg 090815FLOWER8.jpg

09081611.jpg花が咲いているたびにキレイ!と写真を撮ってたので時間かかって、かかって仕方がない。
でもこんな風に自分のペースでちんたらぽんたら歩けるのも、個人旅行(色々面倒くさいけど)の醍醐味です。

クライネ・シャイデック展望台に着いたら山羊のお出迎え。
相変わらず目が離れていて、あほ顔です。

ここでは無料で水をくむところがあります。
(ただし、トイレの側)
水を入れたらユングフラウヨッホ展望台に出発です。

ここクライネ・シャイデック展望台からJB登山鉄道で約50分で標高3454mのユングフラウヨッホ展望台に着きます。
別窓 | Swiss Travel 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ユングフラウヨッホ展望台からメンヒスヨッホヒュッテへハイキング。 | ひろぽん♪は~い。 | いよいよスイス入国。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。