ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
手びねり。
2009-03-03 Tue 22:47
この日東京は降雪の予報が出ていました。
私が通っている陶芸教室付近をウェザーニュースで見ると雪掻きの必要も出てくるかもって書いてあったので長靴に傘、あったかいカッコで教室に行きました。
でも・・・全く積もらず大袈裟になっただけでした。

*******************************

ミルクピッチャー体験で行ったときは、先生が釉薬がけをやってくれはりましたが、今回からは自分で釉薬がけにも挑戦しました。
大阪の教室では焼き見本を見て、こんな風に焼いといてと先生にお願いしてました。
でも本当は釉薬がけもやらないとね。

手順
①手びねりで成型。
②自然乾燥。
③削る。ひたすら削る。

湯のみもミルクピッチャーも軽さが大切らしく、ひたすら削りました。

ミルクピッチャーはぽってりした手に馴染む感じに作りたかったのです。
なので釉薬はうずら釉というのをかけました。
なのでウズラ卵っぽく仕上がったと思います。

湯のみ湯のみは7面の平らな面で構成されています。
7面になったのは偶然。
これを削ったのは野菜の皮むきです。

意外と土が固くて、指まで削っちゃいました・・・。

習ってはる人から女の人は手びねりが多くて男の人は電動ろくろで作るのが好きって言ってはりました。
電動ろくろでろくろの回る速度をミシンを踏むように脚で加減しながら引くのも面白いです。
しばらくは電動ろくろを引きそうです。

MP.jpg

別窓 | les ceramiques(陶芸) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Happy 33th Birthday! | ひろぽん♪は~い。 | 男道から食堂かたつむり。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。