ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
97歳の手。
2009-01-28 Wed 23:20
陶芸への道。陶芸教室には電車に乗り、バスに乗り、里山の中の100段くらいある階段を下って行きます。
(帰りが辛い!)

土曜日に陶芸教室の新年会でした。
私は意外にも人見知りなので、どうしようかと思ったのですがどんな人が習いにきてはる見れるチャンスだったので行ってきました。

新年会は教室に通っている生徒さん&先生夫婦での持ち寄りパーティーでした。
みんな各々自分が作ったお皿や鉢に自作の料理を入れて持って来ました。
取り皿、箸置きは先生作です。

私はまだ、持って行くような皿は完成していなかったのでタッパウェアでアボガドディップとブルスケッタを持っていきました。
他の人は大根と鶏の炊いたん(照りが最高!)、牡蠣のオイスターオイル漬け(お酒が進む!)他にも色々。
みんな器だけではなく、料理作りも好きなんだなぁと関心でした。

帰りは100段階段が真っ暗だったので、先生と2歳のムスコさんと生徒さんたちと上がりました。
ムスコさんが私のバッグの持ち手を掴んで付いてきたり、桜の木の枝を懐中電灯で照らして雷みたい!って言ってのがすごく可愛かったです。

さて私は大阪に居るときも少し陶芸を習っていました。
その教室では電動ろくろは使わずに、手廻しろくろを使っていました。
土の塊を手で叩いて、成型するという手びねりという方法で作っていました。
その時ろくろは中華のテーブルよろしく、左手で回して作ってました。

なので今の教室に入ったときも、最初から電動ろくろを使って『ゴースト ニューヨークの幻』のデミ・ムーアみたいに(古すぎる?!)陶芸できますが手びねりで作陶しました。

私の中で

手びねり=縄文(素朴)
電動ろくろ=弥生(洗練)


なのです。
(耳垢的には私は縄文人です。)
なので、私の中の変な(もてない系の)こだわりで頑固に手びねりでした。
でも・・・でも・・・とうとうその(私の中の勝手な)禁を解きました。

男の人は電動ろくろが好きで、女の人は手びねりで陶芸するのが好きらしいです。
(私って女っぽっかったのね。)
初めて引いた感想は、手びねりだとものすごい時間がかかるのに電動ろくろだとあっという間に引けます!

これなら湯のみやお茶碗だと簡単にポンポン出来そうな感じです。
先生曰く、初めて引くにしては上手で中級の腕前ですとのこと。
ビギナーズラックかもしれませんが、嬉しかったです。
手びねりくらべると、整いすぎで個性があるとは言いにくいですが暫く電動ろくろで作陶してみようと思います。

私が初めて電動ろくろを引いていた横では、車椅子に乗ったおじいさんが静かに電動ろくろで引いてはりました。
そのおじいさんは97歳だそうです。
身体が不自由で、会話や記憶もままならないらしいです。
その姿を見てるとと静かですが「生きる」っていう生命力が沸いているように見えて感動しました。



別窓 | les ceramiques(陶芸) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<並びました。 | ひろぽん♪は~い。 | わしは ここには来とうはなかった。>>
この記事のコメント
#1554
遅ればせながら、お誕生日おめでとう!
この記事みたら東京でも、行きたい陶芸教室が見つかった
のかな。良かったね♪階段は目が回りそうやけど楽しそうやね~!ヒロポン今年もますますパワー全開で良い年になりますように♪私もヒロポンからパワーもらってま~す。
2009-02-05 Thu 10:50 | URL | だんご #-[ 内容変更] | top↑
#1555
だんごさん>
ありがとぅーす!
そうなのです、よその陶芸教室で一日体験してそのまま作品を取りに行かなかったりしたのですが・・・。

あの階段は凍結したら下まですっ転びそうです。
気をつけて通いたいと思います。
これから湯飲みやら、お茶碗なんかがゾクゾクと出来る予定です。
2009-02-09 Mon 07:49 | URL | hiropon #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。