ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
Galette des Roi!
2009-01-22 Thu 23:08
今日は茶道のお初釜前の最後のお稽古でした。
お稽古はいつもより早く始まり、お席入りのお稽古から始まりました。
そのお稽古が始まる前から、教室の周りは警察車両や中継車がわらわらと集まりお稽古どころではありませんでした。

おばさま達から一番若いからと、現場に偵察に行くよう命じられお稽古中に現場へ。
あたりには消防車まででる騒ぎで、規制線まで貼られていました。
近くに居る中学生に聞き込み調査開始。
その中学生曰く、「9階に住んでいる引きこもりの人が、4階にたてこもった。」らしかったです。

犯人がお茶室に入ってこないように筋交いを入れ、もし入ってきたらお釜の熱湯を茶杓でかけようということになりました。
でも特に何もありませんでしたけど。ほほほ。
あとでニュースで見るとSIT(捜査1課特殊犯捜査係)まで出る騒ぎでした。
お稽古どころじゃなかったです。

*******************************

Galette des Roi1フランスでは新年をお祝いするときにGalette des Roi(ガレット デ ロア).というお菓子を食べます。

ガレット デ ロアは王様のガレットという意味です。
王冠がのったパイにアーモンドクリームが入ったパイ菓子で、1月6日(キリスト教のエピファニー(仏: Epiphanie, 公現節)に切り分けて食べ、中にフェーブ(そら豆の意)と呼ばれる陶製の小さな人形が入っていた人は紙で作った王冠を被り、祝福を受け、その幸運は1年間継続すると言われています。

私は何年も前からこのお菓子を食べたいと思い続けていました。
でも、売っているところはほとんどなく売っていても新年の1~2週間くらいです。

le poupelin(ルププラン)というパティスリーで売っていたので買ってみました。

Galette des Roi2今日は相方の実家(without相方)で夕飯を食べたのでそのあと4人でガレット デ ロアを食べました。
切るのは家族長であるコウサクさんにお願いしました。

コウサクさんが何か固いぞと言って、グローバルの包丁でゴリゴリ・・・。
わ~お!フェーブを切ってた!
(包丁界のロールスロイスが?!と思いましたが、両方無事でした。ホっ。)
で、急遽フェーブの部分意外を切って選んだパイにフェーブが引っ付いてきた人が王様ってことにルール変更。

結局のところ私が選んだパイにフェーブが付いてきた。
ズルはしてないけど、自作自演みたいだ!

Galette des Roi3大徳寺のお坊さんには「大物になる。」って言われてるし、王様だし最強の一年になりそうだ。

中に入ってたフェーブには「LA CITROULLE」と書いてあります。
かぼちゃの馬車の意味でしょうか?
セリバテール(独身)だったら王子様が迎えに来てくれるかもって思うところだ。
どんな良いことがあるか楽しみです。

さてお店では中に入っているフェーブが展示されていて乗り物シリーズのようでした。
消防車や、キリン、バイクなんかもありました。
そして味もアップルパイかアーモンドクリームかも選べましたが、伝統的なアーモンドクリームを選びました。
Galette des Roi4

別窓 | お気に入りお菓子 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<動物展。 | ひろぽん♪は~い。 | Cinquieme.>>
この記事のコメント
息子のフレンチスクールではさすが、お国柄、1月はガレット デ ロワ 三昧でした。cantineでも数回、クラスで作ったりもしたようです。フェーブは何人かに当たるように数個入っているらしいのに、運のない男は一度も当たっていません。
わたしのフェーブのイメージは人の形のものなのだけど、最近はケーキの形とかいろいろあって当たった子に見せてもらったらかわいかった。ひろぽんさんは運がありそうな後光を背負っておられます。
私のフランス語はまったく基本をマスターしないまま、ストリートフレンチまっしぐらで フィリピン人のホステスの日本語のようです。
2009-01-23 Fri 08:42 | URL | maki #-[ 内容変更] | top↑
#1545
makiさん>
ça fait long tenmps!(あってるかな?)
お久しぶりです。
さすがフレンチスクールですね!
異国に居ても本国の習慣をちゃんとやっているのですね。
私もコレを気に毎年食べたいなと思います。

仏社会ではガレット デ ロワを食べる機会がたくさんあるんですね。
Ladureとかのフェーブはとってもかわいくてコレクターもいるみたいですね。
一度食べてみたい!

私は最近陶芸をまたやり始めたので誰かがガレット デ 
ロワを焼いてくれるなら(←他力本願)フェーブ作ってみたいなと思います。

フィリピン人ホステスって面白いですね。
私のフランス語はというと・・・もうおっそろしく退化しています・・・。
2009-01-25 Sun 16:45 | URL | hiropon #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。