ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
もう秋だというのに・・・。
2008-09-12 Fri 14:44
9月から東京で宮根屋が14時から15時までだったのが「アナパラ(日テレの女子アナの情報番組)」終了して16時までの2時間の拡大になりました。パチパチパチ。
いやぁ、宮根誠司さん出世しはったわ。
これで平日のお休みは宮根屋に決定!
「なるとも」みたいに番組終了にならないようにしてほしいものです。

************************************
ほんとうに今さらながら「男女7人夏物語」を見ています。
ウチの相方が前から見たかったらしいのですが、毎週日曜日17時からのラジオドラマ「あ、安倍礼司」で懐かしのドラマの曲がバンバンかかってるのを聞いてるうちに見ることになったしまいました。

「あ、安倍礼司」は毎週欠かさず聞くって感じじゃないので久々に聞いたら安倍君と倉橋優ちゃんが出来ちゃった結婚になっててビツクリです。
「美味しんぼ」の山岡士郎が栗田ゆう子といつの間にか結婚していて双子の子供が出来ていたときくらいビックリしました。
でもラジオドラマを聴いてる人あんまりいないか。

私大阪人、相方東京人なので明石家さんまと大竹しのぶの設定の逆バージョンといえるかな?!
でもあの二人のようにお別れしない方向で行きたいものです・・・。
ちなみに私のオカンは大竹しのぶに似とります。
あっ!どうでもよかったですね。

さて話しは戻りまして、「アイウォナ♪ダ~ンシング♪ラッチャチャッチャ♪」なんですが、想像以上に面白いです。

今から22年前の1986年に放送していたドラマです。
わたくし小学校4年生でした。
うっすら見ていた記憶があります。

明石家さんま演じる今井良介は30歳、大竹しのぶ演じる神崎桃子28歳という設定。
まずは主人公たちの年齢より自分達のほうが年食ってるという事実に愕然です!!!
二人ともそんなに変わってないだろうと思ったけど、やっぱり若かった。
でも一般人の22年に比べたらあまり変わってない方だと思います。

主人公達はそれぞれその時代に流行ってたであろう職業についてはります。
部屋の中やお店、職場での小道具、エレベーターのチーンっていう到着の音などなど当たり前だけどいちいち古いこと!
もちろん各自の机にパソコンなんてありません。
しかもパソコンはフロッピーディスクより前のエイトトラック(←使ったこと無いけど)。
でもあれはオフコンかな?

当たり前だけど携帯はないので、連絡は固定電話。
職場や家電にかけてはります。
しかも、自動車電話とかでてくるし!
公衆電話からかける時なんか、電話機の上に10円玉盛ってるし!

銀行のATMでお金を下ろすのに土曜日の14時以降は全くお金を下ろせない!
有料とかでも下ろせない!

洋服もかなりへんてこりん。
身体にあってないジャケットの腕をまくりあげて着てたり、型パットモリモリ入ってるし。
現代ではツッコミの今いくよ姉さん(「どやさ」の方じゃない方)が着るような、原色のウェストが絞ってあるスーツとか着てはります。

男子も女子もやたら煙草をモリモリ吸いまくってはります。
冗談や皮肉のなどの会話もへんてこりん。
さんまさんは今より歯が出てて、関西弁がこてこてです。

今のドラマだと居酒屋さんとか、おうちのシーンでもほんものの建物を使うことが多いと思うけどここではほとんどセット。
セットって素人の私でも分かるくらいちゃちい。

この中ですごく憧れるところがあるのは、1人暮らし。
友達が泊まりに来たり、ご飯会したりワイワイ楽しそう。
夜中だろうが、深夜だろうがほっつき歩いてはります。
私は実家暮らしだったので、夜遅く出掛けようものならお父さんかお母さんに
「あんたこんな時間に何処行くねん!」って怒られる・・・。
遅く帰ってきても「こんな時間まで何しとってん!」ってめっちゃ怒られたし・・・。
私は1人暮らしはしたことないのでそういうところに妙に憧れをもってしまいます。
実際実家に居るときはモノグサだし、貧乏性だし、実家はわりと都心だし、全く1人暮らししたいと思いませんでした。
仕事探しをした時も、実家から歩いて行けるところを探して就職したし。

このまま順当にいけば、はじめての1人暮らしが独居老人になりそうです。
そんな1人暮らしのドキドキは若い頃のドキドキと異質なもの。
ちょっとねぇ。
ちなみに「おひとりさまの老後」という本を図書館で予約してありますが、もう何ヶ月も経つのに未だに私の順番が来ません。

さて最近は東京の風景をみたらどこかわかるようになったけど、その当時の東京はさっぱり何処かわかりません。
ま、ドラマの内容に関係なく相方と二人で時代考証をしてゲラゲラ笑ってます。
もし相当お暇ならTSUTAYAの旧作半額の時にでも借りて見てみてください。

配役
今井良介:明石家さんま
神崎桃子:大竹しのぶ
浅倉千明:池上季実子
野上君章:奥田瑛二
大沢貞九郎:片岡鶴太郎
沢田香里:賀来千香子
椎名美和子:小川みどり

別窓 | DVD鑑賞。 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<実りの季節。 | ひろぽん♪は~い。 | artek+marimekko>>
この記事のコメント
#1486
古っ!
って思わず突っ込んでしまいましたー!!!

私このドラマ、オンタイムで母とみてました。
おもしろいですよね♪

昨日から「昔の男」という紀香ドラマが深夜再放送してます。
なるトモで陣内が卒業した翌週に紀香を見る。
これが夫婦愛なんでしょうか・・・。
2008-09-30 Tue 20:59 | URL | yuki #-[ 内容変更] | top↑
#1487
yuki>
男女七人夏物語最終回まで見ました。
最終回はえ?っていう終わり方でした。
なんか中途半端な感じ。

陣内「なるとも」辞めたんやね。
いつも陣内を立てるようなこと言うてんねんから、紀香が大阪に引っ越してくればいいのにって思っちゃう・・・。

昔の男はリアルタイムで見てました。
大沢たかお好きなもんで。
奥さんの富田靖子が怖いよね。
色んな夫婦愛があるもんです。
未だに夫婦って言うのがハズカシわ。
2008-10-02 Thu 11:29 | URL | hiropon #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。