ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
尾瀬に行こう~前編~。
2008-08-09 Sat 16:05
OZE01.jpg東京に住んで4年半、ずっと行きたかった尾瀬にやっと行くことが出来ました。
大阪に住んでいるお母さんは既に2回も行ってるのにね。
尾瀬は遠いと思ってたけど、それは大阪からであって東京からだと日帰りもでき登山ではなくハイキングだということに気付くのに時間かかりました・・・。

案の定金曜日は定時で仕事は終わらず、予定より遅く帰宅。
夜中12時に待ち合わせて、相方・私・アヤ・フミちゃん夫婦で出発しました。

途中車の中で寝るかと思いきや、みんなで喋ってたので駐車場に着くまでほとんど寝れませんでした。
大学生のスキー旅行のようなノリです。

OZE02.jpg朝3時過ぎに戸倉スキー場の駐車場に着き、仮眠。
えらく寒く、寝袋被って寝ました。
4時半起床だったのに、6時起床。
ボケボケした感じで駐車場から鳩待峠行きのバスに乗り込みました。

所要時間40分と本には書いてありましたが、20分くらいで鳩待峠に着きました。
鳩待峠無料休憩所で朝ごはん。
朝ごはんは途中のコンビニで買ったゴリラパン。

暑さ対策はいっぱいしてたけど、早朝の寒さの対策は薄く暖かい飲み物飲みたいと思ってもキンキンに冷えたのしかなかったのでした。
OZE03.jpgまず尾瀬ヶ原へ下っていく入山口がわからず、5人でウロウロ。
入り口地味すぎ。

朝日を浴びながら(朝日を浴びるなんて何年ぶり?!)出発。

鳩待峠から山ノ鼻小屋までの約1時間かけて3kmは下り坂。
この下り坂は階段だったり木道だったりです。
木道は常に右側通行。

行きはラクラクに下れるけど、帰りのことを思うとおっそろしい!

尾瀬といえば水芭蕉ですが、水芭蕉が終わった後もいっぱい花が咲いていて楽しいです。
園芸植物の名前ならちょっとは自信がありますが、高山植物はわからないものだらけです。
アカイミ オゼヌマアザミ
コオニユリ コバギボウシ
ミヤマシシウド
鳩待峠~山ノ鼻間で見られた植物。
左上:赤い実は名前がわかりません。右上:コオニユリ。
真ん中左:尾瀬固有のオゼヌマアザミ
真ん中右:コバギボウシ、左下:レースフラワーのようなミヤマシシウド


山ノ鼻ビジターセンターには尾瀬の自然や歴史を学べます。
そこには尾瀬の動物達も。
帝王切開のように腹が縫われたツキノワグマの剥製もありました。
最近尾瀬は鹿による食害でニッコウキスゲなどが食い荒らされてだいぶ花が減ったようで、捕獲するそうです。
「ようこそ尾瀬へ」とでも言いそうな?!カメラ目線の剥製さんたち。
OZE04.jpg OZE5.jpg
左:キツキ、右:タヌキ。


別窓 | faire de l'alpinisme(登山) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<尾瀬へ行こう~後編~ | ひろぽん♪は~い。 | 8並び。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。