ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ロバの耳は大きい。
2008-04-29 Tue 21:08
昨夜は駅舎で盛り上がりすぎて呑みまくり、明け方心臓のドクドクするのと鳥達がピーチクパーチク五月蝿いぐらいに鳴くので目が覚めました。
久しぶりに二日酔いになりました。
肌寒い中、トイレではなくダーチャの前の林でリバースです・・・。

昨日の夜からレイコさん、ヨウスケも加わり4人で過ごしました。
ダーチャでぼんやり朝ごはんを食べ、小諸市にある「あぐりの湯」という温泉に入る頃には体調も復活しました。
この温泉のお隣には布引いちご園という苺畑があって、そこで取れた苺で作った苺大福を買えます。
ここの苺大福はあんこが白餡で、今期食べた中で一番じゃないかというくらいの美味しさです。
結構人気で売り切れてるときもあります。
苺大福4つお買い上げしました。

お昼は小諸にある「そば七」さんでいただきました。
ここのお蕎麦はわさびの代わりに柚子が付いてきます。
柚子の風味で食べるのもまた美味しいです。
ちなみに野沢菜とふかしたジャガイモが付いてて、お味噌で食べます。これまた美味です。

お腹があんまり空いてなくても、しんどくてもお蕎麦だったら食べられるのは不思議です。
もちろん蕎麦湯も美味しくいただきました。
そば七


ヨウスケが小諸にある「読書の森」に行ってみたいというので4人で「読書の森」へ。
ロバのジグちゃんは木製の柵をとうとう噛み切ってしまっていました。
ジグちゃんに近付いても無視で、もぐもぐと草を食べています。
優しい目でただひたすらにもぐもぐ草を食べています。

ロバの耳は大きいという認識があったけど、改めて大きいなぁと思います。
ピンと立ってて触りたい衝動にかられるけど、蹴られたらたまんないなぁ。
読書の森1 読書の森2

私は基本的には犬が苦手。
いつも犬におちょくられて吼えまくられます。
でものんちゃんは平気です。
私の足元に擦り寄って寝っころがってます。

看板犬ののんちゃんは最近歯がボロボロ抜けてきてるらしいです。
あの受け口でガチャガチャに生えた歯が見れなくなるのは寂しいです。
それに前来たときより心なしか元気がない気がしました。
ダイジョウブかのんちゃん。
読書の森3
マットじゃないよ、のんちゃんだよ。

読書の森4読書の森らへんは建物がなくて風が強いので、鯉のぼりも気持ち良さそうに悠々と泳いでます。
(浅間山もすっごくよく見えます。)

都会ではベランダからチョロンと鯉のぼりが垂れ下がっているだけですが。

長野の方は鯉のぼりの他に、戦国武将の大きな幟旗を立てているお家もあります。

ダーチャへ戻り、お楽しみの苺大福をいただきました。
やっぱりとっても美味しいです。

相方とダーチャ周りを散歩中たらの芽を5つほど発見しました。
たらの芽の茎はトゲトゲで取られるのを拒んでるかのようです。
食べるのにはまだちっさかったので取らずに帰ってきました。

軽井沢の一番混む季節は夏やお盆ではなくゴールデンウィーク中です。
下りの高速道路はよく渋滞します。
なので東京へ戻る時はあえて時間を外して夜20時くらいに出ます。
いつもなら爆睡間違いなしの帰り道ですが、周りの車が130kmくらいで走ってたのと、逆走車がいるとの情報でおちおち寝れませんでした。
たらの芽
 「触ったら刺すでぇ」な状態のたらちゃん。
そば七
〒384-0026 小諸市本町3-1-2
Tel 0267-22-7688/Fax 0267-22-7688
営業時間 11時30分~20時
定休日 月~金曜日(土・日・祝祭日のみ営業) 〒384-0081         


茶房 読書の森
信州小諸市御牧ヶ原(大字山浦) 5179-1
営業時間 おおよそ10:00am~おおむね6:30pm
年中ほとんど無休
TEL:0267-25-6393
FAX:0267-24-0260


別窓 | TRAVEL | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<帰ります。 | ひろぽん♪は~い。 | 出会い、いろいろ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。