ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
赤いちゃんちゃんこ。
2008-05-02 Fri 23:04
お母さんが還暦を迎えます。
さてお母さんに何をあげようかなと迷いました。
で、赤いちゃんちゃんこをあげようと決めました。

しかも買ったのではなく縫っちゃおう!って思いました。
赤ちゃんのヨダレカケの型紙はネットでもダウンロード出来るのですが、ちゃんちゃんこの型紙はありません。
ちゃんちゃんこはほぼ直線で出来ているし、自分で作ろうなんて思う人がいないからかありません。

それでも時間が迫ってきたので迷ってる暇は無いので、見切り発車で新宿のOKADAYAへ行って生地選びをしました。
赤いちゃんちゃんこのふんわり感の出し方もわからんし、そもそもOKADAYAにもちゃんちゃんこの型紙はありませんでした。

ちゃんちゃんこ5
完成予想図。手帳へのメモ書きからの始まり。

最初はサテン地かなと思いましたが、中に綿的なものを入れないといけないので断念。
キルティングも見ましたが、気に入ったのがありませんでした。
赤いトレーナー生地があったのでそれにしようと、カット台に並んでいた時に目に入ったのは赤地に白い水玉の厚手の生地でした。

還暦の赤いちゃんちゃんこやけど、別に無地じゃなくてもいいんじゃない?と思い水玉にしました。
会社の人に言うと、草間彌生っぽくていいんじゃない?って人やキャスキッドソンっぽいんじゃないんですか言われたのでそうかもと思いました。

今の60歳は若いので普通の赤いちゃんちゃんこを着せられたら、いくらお祝いでもあんまり嬉しくないかもしれません。(特にうちのおかん。)
でも水玉だったら可愛いから照れながらでも着てくれそうです。

さてさて型紙問題ですが図書館で「木綿のナチュラルベスト」って型紙付きの本を借りてきましたが、型紙はボロボロだし1枚の紙にいくつも書いてあるのでややこしい・・・。
で前に仏語教室の方に戴いた丸えりシャツを作る為の手書きの型紙を利用しました。

ちゃんちゃんこ1

生地を中表にして後ろ身頃を裁断するところはふつうにいけたのですが、前身ごろは左前身ごろと右前身ごろを作らないといけないのに左前身ごろを2枚作ってしまったのです・・・。
(型紙裏返そうよ・・・。)

作りなれていたら絶対にない失敗です。
でもひっさびさだし本とか見てないし、生地の量には限りがあるし失敗してショックでした。
まだ帽子も作らないといけないしねぇ。

気を取り直し生地を裁断して、接着芯を貼り、肩と脇を縫うのは簡単でした。

帽子なんて生まれて初めて作るし、これこそ見本がありませんでした。
給食の配膳の時の帽子に、ベルト芯を縫えばいいのかな?なんて感じで作り始めました。
チャコペンシルに紐をつけてコンパス状にして中心を相方に押さえてもらい、グワーンと直径約60cmの丸を描き切り出しました。
マッチ針で適当にヒダをつけて大体の頭の大きさ(約57cm)にしました。
まるで巨大餃子か?!ってくらいヒダを作りました。
帽子は全部ミシン縫いだったので、わりとラクに作れました。

ちゃんちゃんこ2
高速で縫っているように見えて、写真がブレてるだけ。

一番時間がかかったのはちゃんちゃんこの生地の端っこの纏り縫いです。
切りっ放しでもいいかと思いましたが、どうせなら美しく仕上げようと頑張りました。
ここは相方にもお手伝い願いました。
相方は器用なので表に縫い目が見えないようにすくい縫いするんやでって言うと大人しく真面目にやってくれました。
しかも上手です!
ちゃんちゃんこ3 ちゃんちゃんこ4

今回軽井沢ではハワイアンキルトでもゆっくりしようかしらなんて思ってたけど、仕上げの纏り縫いで必死でした。
別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<リアルサザエさん。 | ひろぽん♪は~い。 | 還暦。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。