ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
明治村へ。
2011-06-19 Sun 21:07
すっかり今年も半分が過ぎ、名古屋での生活も半年が経とうとしています。
結婚して最初に大阪から東京に行ったときは毎日辛くて大阪へ帰りたいようと思ってました。
(ロッテンマイヤーさんに町へ連れてこられたお山へ帰りたいハイジのような気持ち。)
人間歳を重ねると図太くなるもので、名古屋では毎日仕事に行きヘロヘロなので、「寂しいとうさぎは死んじゃうんだよ。」とつぶやくほどではありません。
********************************



1月ほど前になりますが、雨降る中、相方と両親と明治村に行きました。
古い建物大好きなので、とても楽しかったです。

両親はおっそろしく昔に来たみたいですが、建物が昔より増えてると言ってました。

帝国ホテルの玄関は素敵でした。
フランク・ロイド・ライトのはよく残しておいてくれたなって感動です。
煉瓦と石の組み合わせはバリ島の建物を彷彿とさせられました。



照明の光の漏れ方もきれいでした。

東京の本郷にあある築100年の下宿本郷館も移築してほしい。
残念ながら8月1日から解体されるみたいです。
残念ですね。

そしてマネキン大好きな私が気に入ったのは金沢監獄です。
ここでは千原兄弟のお兄ちゃんのようなトミーズの雅さんのような囚人マネキンによって囚人の様子がよくわかります。
独房体験も出来るようでしたが、何だか恐ろしくて入れませんでした。




家族にお手紙を書きます。


ご飯は三食きちんとよばれます。



布団を敷いて、おやすみなさい。
スポンサーサイト
別窓 | 愛知。 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
知多半島先っぽまで。
2011-02-20 Sun 16:11
知多半島は私のイメージでは千葉の千倉や勝浦(ビック雛祭りの方。)なイメージでしたがまさに規模の小さいそんな感じ。
そこここで苺狩りをやっています。
苺狩りは昔相方の強い要望でアクアラインを通って行きました。
あんまり食べれないので、苺をパックで買ってきて家でゆっくり食べたいって思ってしまう私はアカン子でしょうか?

今日は花ひろばというところに菜の花摘みに行きました。
(前日スーパーで菜の花買ったのに!無計画!)
入場料1人¥400払うと鑑賞用の丈の長いの10本と、レジ袋1袋分の菜の花を摘めます。
あったかい中で、菜の花摘みは楽しかったです。
短時間であっという間にいっぱいになりました。

近所に知り合いがいればおすそ分けでも出来そうなものですが・・・。
ポピーの摘み取り5本¥200もして終了です。



今度は魚ひろばへ。
カラスが干してあるひじきをついばんでてました・・・。
良い感じの鄙びたのんびりゆるゆる感です。

干物やら切り身、魚が売っています。
ここではシマアジの干物を3枚買いました。



魚ひろば内にある食堂?でランチ。
混んでいますが、回転が早いのであっという間に中に入れます。
海鮮丼は一杯¥1000で味噌汁、漬物付きです。
ウニかいくらを買って帰りたかったけど、もう当分いいわっていうくらい食べたので買いませんでした。
海老も甘くて美味しかったです。



帰り道は車が止めれそうなところがあるたびに止まって海岸線を散歩。
何かいいもん落ちてないかなってキョロってたけど、何にもいいもん落ちてませんでした。
あぁ500万円くらい落ちてたらいいのになぁ。



早春の海は人もいなくて、いいです。
どことなく枯れた昭和な感じがまたいいです。
夏の海は今はもう好きじゃないけど、今くらいの海は好きです。
きっと夕焼けもキレイなのだろ思います。



知らない町の繁華街のアウェイ感より、田舎でのアウェイ感の方がわくわくして楽しいです。
なのでこれからも田舎を目指していきたいです。
今回は知多半島だったけど、もう1つ先の渥美半島も目指さねば。
あったかくなったら、北上だよね。
岐阜!岐阜を攻めます。
別窓 | 愛知。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
とことこ常滑。
2011-02-12 Sat 16:04


名古屋での生活が始まりました。
週末だけ生きてて、平日は・・・。
そんな週末常滑に出かけました。
お家から車で1時間くらいです。
セントレア空港にほど近いところらしいです。



この町自体が大きい窯業の町です。
登り窯があったり、車の通れないようなくねくねした小道がいっぱいあって散策するにはとっても楽しいです。
その小道の土止めには常滑焼の土管?の失敗作?が使われていて味があって素敵です。
その土管の間からちょろちょろと草が生えてます。
ちょっとしたラピュタです。



工房が何件もあって特に気になった一軒がありました。
イギリスでバーナードリーチのお子さんに陶芸を学んだイギリス人の旦那さんと京都の河井寛治朗さんも学んだ学校で陶芸を学んだ奥さんとの工房です。
スリップウェアに興味があるので、奥さんの作品はのウサギのスリップウェアの皿を相方が買ってくれました。
私も今度陶芸をするならスリップウェアをやりたいなぁと思います。

奥さんは常滑の町はだいぶ変わってしまったって言ってました。
昔は一部の焼き物愛好家しか来なかったけど、今は来る人が増えたと言ってました。
最近の民藝ブームのせいかな。



常滑の町にはえ、ARABIA工場っぽい煙突がそこここにありあます。
土管が埋められているのを見ると、常滑ってるなぁと言いながら歩きます。



タヌキと言えば信楽焼と思っていましたが、常滑でもタヌキは作っています。
信楽焼と違って、全体的に茶色でスマートです。
このタヌキはワイヤープランツが育ち過ぎて勢い余って目や口から出てます。
こういうの嫌いじゃないです。
あ、むしろ大好物です。



ni:noさんという古民家をリノベーションしたカフェでお茶しました。
ゆっくり出来るし静かでいいです。
お客さんは私ら意外いなかったので、相方に写真をいっぱい撮ってもらいました。

最近ケーキを食べるときは、すっかり珈琲になりました。
しかも砂糖もミルクも入れないのです。
その方が美味しく飲めるから。
今まで何で飲めなかったか意味がわからないくらい。

常滑の町はそぞろ歩くのにはとっても楽しいので、また遊びに来たいです。
***************************************
ni:no (ニーノ)
TEL 0569-77-0157
住所 愛知県常滑市陶郷町1-1
交通手段 常滑駅から397m
営業時間 10:00~17:00
定休日 木曜日
別窓 | 愛知。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ひろぽん♪は~い。 |
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。