ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
似ている。
2010-07-01 Thu 09:57
五月に会社が移転して、また社内のレイアウトが変わり席替えをしました。
それで周りの人が今までと全然変わっちゃった。

しかも私の業務と関係ない島に入った。
納まりきらないと必ず、関係ない部署の島に放出される私。
別にいいけど。いいけど。いいけど。

新しくお隣さんになった女の子は背格好、(モジャモジャになる前の)髪型、服装の雰囲気が似ています。
たまに間違えられてました。
(彼女の名誉の為に。私の方が肥えている。)

その女の子が主人公が私に似ているという小説を教えてくれた。


それは西加奈子さんの「きいろいゾウ」です。
読んだ人いてはるかな?

主人公はもちのろんで関西弁。
別にくるくるのおかっぱではない。

子供がいない田舎で暮らす夫婦の話。

自分では意識してなくても、何となくこんなんなんかな?と思う。
っていうか私は職場でツマのように見られているのかと不思議に思う。

前半ののほほんな雰囲気とうらはらに後半は悲しい雰囲気で満ち満ちていた。
涙と鼻水が止まらなくて、呼吸困難になった。
それを不思議そうにそして面白そうにみている相方。

是非、読んでみてみ私はこんなんかどうか聞いてみたい。
yukiあたりは読んでるかな?
もし読んでたら聞かせてね。
スポンサーサイト
別窓 | lire un livre(読書) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
男道から食堂かたつむり。
2009-03-01 Sun 22:55
ちょいと怖い表紙です。
清原和博さんの「男道」読みました。
清原さんの住んでいた住所で章が変わります。
岸和田に始まり羽曳野、所沢、東京、大阪で終わります。
面白くて、最後には泣いてしまいました。

巨人って・・・って思っちゃいます。
最後に仰木監督に請われて、オリックスに来た所とか涙をそそります。
私は近鉄バファローズファンなので、近鉄が消滅する時すごく悲しくてその後どの球団も好きになれなくて悲しかったけど一応オリックスバファローズを応援することにしました。

清原さんがオリックスに入団した当時、年棒が高いのにあまり(全くのときも)試合に出ない清原さんのことをあまりよくは思ってませんでした。
でも今では清原さんがオリックスで野球人生を終われて良かったなって思いました。

女の子が大好きそうな「食堂かたつむり」。
私が読み終わった後、お父さんも読んでました。

主人公が1人で切り盛りする食堂のお話です。
食べる人と面接をして、料理を考えはるのです。
理想のレストランだなって思います。

これに出てくる料理は本当に美味しそうです。
「食べること」を大切にしないといけないなって本当に思います。
この本はきっとドラマ化か映画化されると思います。

「いまどき 和の器」は作陶の参考に。
「いまどき」ってのが重要なのです。
いかにもな和食器ではなく、洋のものにも和のものにも合うような本当に素敵な器がのっています。

陶芸は大阪で習っていた時は、ずっと手びねりだったので、今はひたすら電動ろくろに慣れることを念頭においています。

大阪で見たハマショーこと浜田庄司さんの素朴だけど、手にとってみたくなる素敵な器を作りたいと思います。

伊藤まさこさんの「あの人の食器棚」。
人の本棚を見るのと同じくらい、食器棚にも個性がでると思います。
器も見てると面白い。
これも作陶の参考と、料理をがんばろかいなって思っているのでちょうど良いかと。

これには料理のレシピも付いているので、それも参考になりそうです。



別窓 | lire un livre(読書) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
天気の悪い日はおうちでフィンランド。
2008-04-17 Thu 22:53
最近相方の帰りがめっぽう遅いです。
うさぎは寂しいと死ぬかもしれませんが、私は寂しいとぐれますよ。

***********************************
相方のいない平日休みで、午後から散歩でも行こうかと思ったら雨だったのでハワイアンキルトの続きをやりました。
葉っぱの部分を土台にアップリケするところまでは出来ました。
でもまだまだこれからが長いのです。

そして図書館で予約していた本を借りてきていたのでそれを読みました。
(予約してから用意してもらえるまでに人気の本だとかなり時差があります。
なのでその間に読んだりしまっていることがあります。)

1冊は片桐はいりさんが映画「かもめ食堂」での裏話&フィンランドについて書かはったエッセイ本「わたしのマトカ」です。
「マトカ」とはマトリョーシカの略かと思いきやフィンランド語で旅という意味らしいです。

これはスルスルと2日で読めました。
映画の中に出てきた友達のいない日本かぶれの青年、豚身昼斗念ことトンミ・ヒルトネンさん役のヤルッコ・ニエミ君はお父さんがフィンランド航空で働いているらしくお父さんのチケットでしょっちゅう日本に来てはるらしいです。
でもって日本とフィンランドのハーフの親戚が大阪に住んではるらしいです。

片桐はいりさん初エッセイらしいのですが、面白く自分がフィンランドを旅したことを思い出しながら楽しく読めました。
「かもめ食堂」マニアの人にはオススメの1冊です。
装丁もすこぶるかわいらしいです。

もう1冊は何回か本屋で立ち読みしたことある本ですが、じっくりお家で見たいなと思ってた「北欧ストックホルムのガーデニング」です。
決して華美ではないけど、素朴で心温まる庭&畑造りをしてはります。
ベランダガーデンなんかも載っていて素敵です。
今の家だと無理っぽいけど、実家のベランダだったら出来そうです。

そんなことをしてると一気に気持ちは北欧気分になりおやつを食べながら「かもめ食堂」を見ました。
何度見ても飽きないです。
おやつ
なんやかんや言ってもよく食べるドーナツはミスドです。

そして片桐はいりさんのエッセイを読んでから見たのでまた違った面白さでした。
また北欧に行きたいなぁと思ってしまいます。
でもとりあえず行く予定はないのでゴールデンウィーク前半に軽井沢のダーチャに行くので妄想北欧ごっこをしたいと思います。
とはいえ軽井沢はまだまだ寒いみたいで、最高気温15度前後、最低気温2度前後らしいので電気毛布持参です。



別窓 | lire un livre(読書) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
二人称としての「自分」。
2008-03-07 Fri 23:16
手元にずっと置いておきたいと思わない本はなるべく図書館で借りるようにしてます。
今は便利なもので家に居ながらにしてインターネットで図書館の本が予約できる時代になりました。
そのせいか、人気のある本はすごくて予約しても順番が70番目とかになってしまいます。
何の本を予約したか忘れた頃に、「図書館からご予約の本が用意できました。」って携帯にメールが入ります。
でも個人情報保護との名目の為に本の名前はメールに載ってないので何の本かわかりません。
既に友達に借りて読んでしまったいた本は借りたもののそのまま次の人のために返却するってこともあります。

うっかり図書館の本の返す期限を忘れていたら「借りている本の返却期限が過ぎています。」って携帯にメールが来ます。
いやぁ本当にすごい時代です。

本当に読みたいと思う本は買うしかありません。
というわけで久しぶりに買った本は「夢をかなえるゾウ」という本です。
これはある日突然会社員の男子のとこにガネーシャ(ヒンズー教の神様で頭は象、身体は人間。)がやってきて男の子の夢を叶える手伝いをするという話です。

これだけではただのファンタジーでドラえもんとかみたいな感じかと思うかも知れまんが、この神様一筋縄ではいきません。
このガネーシャめっちゃコテコテの大阪弁を喋りはります。
しかもKY(空気読めない)でめちゃくちゃマイペースです。
それが本当に面白いです。
お江戸生活も5年目で、大阪弁のイントネーションや話し方に狂いが出て来てるかもしれない(出てきてないって?!)私の大阪弁の教科書にもなります。

この本の中でガネーシャは主人公に向かって「自分、やらなあかんこといっぱいあるやろ」とか「自分、~~やろ」って出てきますがこの場合の自分は一人称の「私」の意味の「自分」ではなくて二人称の「あなた」という意味の「自分」なのです。
この辺のニュアンスは関西人やったらわかるかもやけど、そうじゃない人には分かりにくいのかな?て思います。

主人公とガネーシャとガネーシャの友達の釈迦が富士急ハイランドに行ったりします。
もう本当に声出して笑えるくらい面白いです。
そして音読したいと思う本です。

自己啓発系の本は好きじゃないけど、これならスッと素直に読めます。

私はこれと映画「プラダを着た悪魔」があれば落ち込んでても頑張って仕事しようって気になります。

ウチにいるミナッコの天竺土産のガネーシャも喋るようになれへんかな?ってちょっと本気で思います。

『2008年、TVドラマになるねんて。』って本の帯に書いてます。
私はガネーシャの声は笑福亭鶴瓶さんがいいなぁと思います。
別窓 | lire un livre(読書) | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
般若心経。
2008-01-04 Fri 20:39
今日のお昼ご飯は心斎橋今井で卵とじうどんを食べました。
やっぱり今井のおうどんは鰹出汁が効いてて美味しいです。
*******************************


2007年9月25日渋谷CCレモンホールで行われたスライドショーVol.10みごと完成披露されたアウトドア般若心経が1冊の本となって発売されました。
未完成版としてタモリ倶楽部でも放送されたことはあるみたいです。
(先日法事に行ったとき般若心経をみんなで読むという場面があり、アウトドア般若心経を思い出してニヤニヤが止まりませんでした。)

アウトドア般若心経とは町にある看板や標識にある漢字で般若心経を完成させるというものです。
5年もの歳月をかけ完成させたそうです。

「無(む)」という漢字は何度も出てきますが「無料」という文字から
「蜜(みつ)」は蜂蜜まんじゅうの看板から
「若(わか)」という漢字は若乃花経営の「Chanko Dining若」の看板から取ってあったりします。
「亦(やく)」という漢字や「呪(しゅ)」という漢字はなかなか見つからなかったとスライドショーで言ってはりました。

世の中には般若心経の漢字があるのかと感動します。
たまたまその漢字を使っているというより、あえて般若心経の漢字を使っているのかなとも思えてきます。
(いとうせいこうさんが居たら、「そりゃ、ビョーキだよ。」とツッコマレそうです。)

1軒目の本屋さんでは売り切れで2軒目ではラスト1冊でした。
バカ売れして品切れしているというよりかは各店とりあえず1冊入荷という感じでしょうか?
平積みされてないです。

本屋さんではサブカルチャーのコーナーやタレント本のとこをくまなく見ましたが見つかりませんでした。
恥ずかしがることはないのですが「みうらじゅんのアウトドア般若心経は置いてありますか?」ってきくのは恥ずかしかったです。
結局宗教のコーナーの「般若心経」っていうカテゴリーの中にありました。
たかのてるこさんに「ダライラマに恋をして」って本が宗教の偉人のところにあったときと同じくらいの微妙な雰囲気に似ています。

家に帰って般若心経はリズムカル(表現が古くてすいません)でを読むと何だか気持ちがスッする気がします。
ただ見開き1ページに漢字(看板)6文字(6枚)しか載ってないのでやたらページをめくらないといけません。

高校は仏教高校で宗教の授業とかはありましたが般若心経を読むことがありませんでした。
なので今更ですが般若心経が新鮮に感じます。


別窓 | lire un livre(読書) | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
雨の軽井沢。
2007-07-14 Sat 22:49
3連休は台風がやってくるというにも関わらず、13日金曜日の夜出発で軽井沢のダーチャに行ってました。
(これから軽井沢にある小屋のことをロシア式の菜園付き別荘[木造小屋]の呼び方『ダーチャ』と呼ぶことにします。)
台風で停電になるからローソク持って行かなきゃと思っただけでもちろん持っていくのは忘れるといういつものパターンです。

いつもなら天気が良くてあちゃこちゃウロウロするのに、ほどんと雨だったのでたくさん本を読むことが出来ました。
雨が降るだけならいいけど寒いのなんの。
気温は17度でした。
ここは1000mの高地。
100mにつき1℃気温が違うというのを身をもって感じます。
東京とは10度以上の気温差で、またもた冬眠動物のように動きが鈍くなる。
あまりの寒さに毛布をかけ、石油ストーブをつけて尻を炙りながらの読書。
マンションでしか暮らしたことのない私にとって、屋根に落ちる雨音を聞くのも新鮮です。
(トタン屋根だから雨音がするのか?!そもそも1戸建ては雨音するのか?!)
嶽本野ばらさんの「鱗姫」
下妻物語は映画では見たけど野ばらさんの小説を読むのは初めてでした。
物凄い面白さでスイスイ読める。
野ばらさんの他の小説も読みたいと思いました。
高校生の頃野ばらさんと奈良公園に遠足に行ったことあるだよね。今となっては不思議。ねぇみーしゃさん。
雨の軽井沢。…の追伸
別窓 | lire un livre(読書) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
3ヶ月に渡って。
2007-06-01 Fri 23:25
読み終わるか不安でしたが、「沈まぬ太陽全5巻」読み終わりました。
人生初の長編の本でした。
「華麗なる一族」もそうでしたが、とっつきにくいわりには山崎豊子さんの作品はとても読みやすくぐいぐい引き込まれるのでドンドン読めます。

重い重い内容で電車で読んでるときは泣きそうになって堪えるのが大変でした。
この本の主人公の恩地元さんも日航機の御巣鷹山墜落事故も現実の出来事であるだけに読み終わった後ものすごいやるせなさが残りました。


3ヶ月に渡って。…の追伸
別窓 | lire un livre(読書) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
残念な「沈まぬ太陽(三) 御巣鷹山篇」。
2007-05-12 Sat 23:22
山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んでいます。
ずっと読みたかったのですが図書館では大人気で(同じ人が借り続けている?)1巻はなかなか借りれませんでした。
ようやく借りることが出来、全5巻で読み切る自身はあまりなかったものの
読み始めたら面白さにはまりました。
で、優しい相方がブックオフで残りを買ってきてくれました。
ありがとね。
図書館の本を待っていると、きっともうどうでもよくなって読み終えなかったと思います。

 
残念な「沈まぬ太陽(三) 御巣鷹山篇」。…の追伸
別窓 | lire un livre(読書) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
沢田マンション物語
2007-03-16 Fri 22:39
私が沢田マンションを知ったのは関西では金曜日の夜といえばほとんどの人が決まって見る「探偵ナイトスクープ」です。
高知県に香港の九龍城のようなマンションがあるというネタでです。
今となってはどの探偵さんが行ったとかは覚えてないのですが、物凄く泥臭い感じの夫婦が二人で手作りでマンションを建てたという事実はすごい衝撃で心に残っていました。
(WikipediaによるとABC朝日放送テレビ 『探偵!ナイトスクープ』 「高知の九龍城 軍艦島マンション」 探偵・桂小枝 1994年6月10日放送らしい。)

ものすごく心に残っていたのにもかかわらず忘れること10年。
朝日新聞 2006年8月23日付、および30日付 生活/住まい面 『わが家のミカタ 夏スペシャル』 「モーレツ 沢田マンション伝説」で再びヒューチャーされ、
2006年10月 にはたまに買う雑誌『Lingkaran(リンカラン) vol.20(2006年10月号)』ソニー・マガジンズにも特集されてのは驚きでした。
Lingkaran (リンカラン) 2006年 11月号 [雑誌] Lingkaran (リンカラン) 2006年 11月号 [雑誌]
(2006/10/14)
ソニー・マガジンズ
この商品の詳細を見る



沢田マンション物語 沢田マンション物語
古庄 弘枝 (2002/08)
情報センター出版局

この商品の詳細を見る

沢田マンション物語…の追伸
別窓 | lire un livre(読書) | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
泰山館@駒澤大学
2007-03-08 Thu 22:34
東京R不動産という面白い不動産屋さんが東京にあるそうです。
一般的に築年数が経っていたり、間取りが変わっていたり、駅から離れているとかいうのは敬遠される物件だと思いますが、ここが取り扱われている物件は一般的な物件ではなく一癖も二癖もあるような物件しか取り扱われていないのです。

1件、1件に暑苦しいほどの思い入れがあり見ていて楽しいです。

田園都市線 駒沢大学駅が最寄の泰山館という物件が一番好きです。
駒沢公園の周辺はとても人気のある住宅エリアです。
なので家賃はすこぶる高いです。
賃貸と分譲ではトータル的にも損得はあまりないと言われているので、この物件に住むとしたらのドンブリ勘定してみたらやっぱりどう考えても高すぎて住めそうにないのです。
面積 67.34 平米で
賃料 28万円
管理費 2万円
駐車場 42,000円(地下は52,500円)
で賃貸のみで分譲はないのです。



東京R不動産 東京R不動産
東京R不動産 (2006/04/11)
アスペクト

この商品の詳細を見る

泰山館@駒澤大学…の追伸
別窓 | lire un livre(読書) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ひろぽん♪は~い。 | NEXT
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。