ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
THIS IS IT.
2009-11-01 Sun 23:09
ラッキーなことに映画の日にマイケル・ジャクソンさんの「This is it.」を見に行きました。
期間限定で¥1000だったのでこれは混むなと、初めてVit(ばあさん良い席取る!)を使って映画を予約していきました。
いつもガラ空きのTOHOシネマですが、予約の時から結構埋まってました。

会場に着くと満杯でした。
いつもの映画館の雰囲気と違って、コンサートが始まる前のドキドキとワクワクでいっぱいな感じでした。

マイケルの映画が始まってのっけから、手拭いが手放せない状況になりました。
もう嗚咽が出るほど泣いてしまった。
手拭いで口押えて見てました。

隣の女のひとがチロチロ見てきて嫌やったわ。
映画に集中せいよ。

このロンドンでのマイケルコンサートが行われていたら、マイケルへの賞賛は高まり彼がほんまもんのエンターテナーだということが再認識されたんだと思います。
50歳にして、あの動きはほんまありへんくらいかっこよかった。

菜食主義者だと聞いてるけど、肉も食べんとよぅあんなに動けるなぁって思います。
(よぉけ肉食べてても、動かれへんけど私。)

今まで色んなアーティストのコンサートやライブに行ったけど、今までに見たことない豪華で素晴らしいコンサートだったと思います。
ダンサーもオーディションで選ばれて、みんなでこのビックプロジェクトを成功させよう!というのがひしひしと伝わってきました。

マイケルは怒声を上げることなく、若いギタリストの女の子にも敬意を持って接してはりました。
どんな人かパーソナルな部分は全然知らんかったけど、人を上にも下にも見ない、ほんまにえぇ人やってんなぁと思う。

でも、画面にいるマイケルはもうこの世の中には存在しないと思うともう泣けて泣けてしゃぁなかったです。
自分でも、私ってこんなにマイケルのこと好きやったん?ってビックリしました。

晩年のマイケルは奇行やゴシップまみれで、本当に悲しかったんじゃないかなと思う。
マイケルに正しいことを言ってくれる友達や、親類が身近にいたらなぁってほんまに思いました。

ちっちゃい頃から、歌手としてやってきたマイケル。
常に人目にさらされ続けたマイケル。
お疲れさん。

いっぱい素敵な音楽とダンスを残してくれてありがとう。
心より御冥福をお祈りします。



スポンサーサイト
別窓 | le cinema(映画) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
飛行機で映画。
2009-08-23 Sun 00:03
飛行機での楽しみは、機内食でもCAさんでもなく映画です。
今回は4本も見ちゃいました。

「トウキョウソナタ」
私たちのアイドルだった小泉今日子さんが疲れた主婦の役が以外とハマり役でした。
私も年取ったけど、小泉さんも年取ったなぁという感じ。
中盤からの思ってもない、展開に少しびっくり。




「そんな彼なら捨てちゃえば」
スカーレット・ヨハンソンは今までどこか少女っぽい雰囲気があったけど大人の女性になってた。
既婚者の恋愛も未婚者も恋愛も盛りだくさん。
特にドリュー・バリモアがかわいかったし、印象的。



「ボルト」
ディズニー映画です。
相方が見たいって言ってたのに、見ちゃった。致し方ない。
私的にはまぁまぁ。映画館に行ってまで見るかんじじゃないです。




「ベンジャミン・バトンの数奇な人生」
少し前の映画だし、大して期待してなかったのにこの映画が一番良かった。
特にブラット・ピット好きじゃないけどブラピ素敵って思っちゃいました。
往年の素敵なファッションも見ものだし、切ないのです。

ケイト・ブランシェットもとっても美しい。
美しい人は年を経ても美しい。


飛行機に乗るといっぱい映画が見れるのがうれしいです。
昔みたいにみんなでひとつのテレビや幕を見るのじゃなくて、各自の目前のモニターで自分の好きなタイミングで見始めることができます。
途中で寝ちゃっても、巻き戻しも出来るし素晴らしいBoieng777。

普段なら絶対に映画館にまで足を運んだり、DVDをレンタルしたりしないであろう自分の好みじゃないのも見られるのがいい。

でもちっさい画面で、イヤホンで聞くのは本意ではない。
やっぱり俳優さんの本当の声を聞きたいから字幕で、大画面で見るのが好きなんだけど。
別窓 | le cinema(映画) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
たこ焼ブーリン。
2008-11-14 Fri 22:34
お母さんに言われておじいちゃんのお墓参りに行ってきました。
細木和子さんが
「ヨメに行ったら実家の墓参りに行ってはいけません。
旦那の墓参りにのみ行きなさい。」
って言ってはったので行かんほうがいいと思ってたけど、そうでもないらしい(我が家は)。

その帰りcinnamonさんとこへ寄る。
なにやら前回会った時より元気で明るい感じでした。
どうしたか聞くとコアリズムをやっているらしい。

ブートキャンプに入隊しそびれて、コアリズムもいいなぁと思ってたけどなかなか回りでやってる人がいなかったです。
ビリーよりしんどくなく楽しいらしい。
今月末水着を着る予定があるので、手に入れてやってみたい気もする。

一旦登山靴からブーツに履き替えて(毎日真面目に履いてます。)yukiとの待ち合わせの心斎橋に行きました。
ひっさびさに信濃路のとまとラーメンが食べたくなって、心斎橋Loftの周りを探しましたがありません。
地図見ても、クロネコヤマトさんに聞いても見つかりません。
前日にHPみて潰れてないことを確認して行ったのに!
とまとラーメンがあったであろう場所であ~でもない、こ~でもないって言ってると今は別のお店の人が出てきてウチは3年前から沖縄料理屋さんやってるとのこと・・・。
yuki10年ぶり、私4年ぶり?その間に潰れていた。
仕方ないのでお気に入りのたこ焼き屋が潰れてないことを祈って移動。
途中サンタ・マリア・ノッベッラの前を通るとここも潰れていた。
(実家の近所も河豚屋さんからお寿司屋さん色んなのが潰れています。)

ドキドキしながら蛸家に向かうと潰れているどころか大盛況です。
yukiはビール私はチュウハイを1本づつ頼みました。
缶とグラスで出てきます。
大好きな葱たこ焼き、これは九条葱がこれでもか!ってほど盛ってあります。
葱で胸焼けすることもなくペロリです。

明太マヨかけたこ焼きもペロリです。

蛸屋2 蛸屋1
蛸屋3 蛸屋4
牛スジたこ焼きも良いお味。
ここのたこ焼はオススメです。
ナンコツはyukiのチョイス。シブいわ。

ほろ酔い気分で船場から難波へ移動。
一杯の後はブーリン家の姉妹を見に行きました。
TOHOシネマズなんばのレイトショーで見に行ったら、14日は10・4トォフォーの日で何と老若男女問わずに¥1000でした。

ブーリン家の姉妹は今をトキメク若手女優スターウォーズ出演のナタリー・ポートマンとロスト・イン・トランスレーション主演のスカーレット・ヨハンソン(以下スカヨハ)が演じはります。

 ←初めてスカヨハに出会った「ゴーストワールド」ではアメリカ映画っぽくなくて好き。

蛸屋5この映画が始まる前に「世界ふしぎ発見!」でブーリン家の姉妹の回があって興味持ちました。
結婚する前は色違いのドレスを着て本当に素敵な姉妹です。
野心家のお姉ちゃんととっても優しい妹。
妹はいつもお姉ちゃんに振り回されてかわいそうです。
しかも家系の繁栄や出世が彼女たちにかかっています。
このお姉ちゃんはほんまに怖い性格で、英国とバチカンとの関係さえ変えてしまいます。
お~こわ。
歴史ってえ!ってびっくりするような私事で変わったりするんですね。

蛸屋6最後の方で色々あって切羽詰ったお姉ちゃんが実弟に子作りを強要するのです。
私にも弟がいるので、そんなんありえへんやろ!ムリムリムリムリムリってすごく思いました。

公式ホームページに性格診断チャートがあって結果は妹のメアリーでした。
アンになるかと思ったけど、あそこまで計算の出来る子じゃないからね。

仕事終わりでシヅカが難波に出てきてくれたんだけど、難波で遅くまでやっているカフェって意外とない。
堀江や船場だったらあるのに。
スタバですら22時閉店なのでファーストキチンだったのです。

蛸家
住所 大阪府大阪市中央区博労町4丁目6-3
TEL 06-6282-9055
営業時間 [月~日] 17:00~22:30(LO)
定休日 不定休


別窓 | le cinema(映画) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
私がクマにキレた理由。
2008-10-22 Wed 23:12
JUNO以来に久々に見た映画です。
スカーレット・ヨハンソン(以下スカヨハ)主演の「私がクマにキレた理由(わけ)」です。

あらすじ
ステキなエリートを夢見るアニー(スカーレット・ヨハンソン)は、ひょんなことからマンハッタンのゴージャスなマダム、ミセスX(ローラ・リニー)に雇われ、彼女の幼い息子の面倒を見るベビーシッターとして働くことに。しかし、自由なニューヨークの生活を夢見ていたアニーは、自分勝手なセレブ一家に24時間振り回されるハメになる。(シネマトゥデイ)


スカヨハはセクシーさは感じないけど透明感のあるキレイな女優さんです。
これはアメリカの上流社会のママさんたちの世界を覗けて面白いです。
ママさんたちは子供をナニー(ベビーシッター)に預けて、自己啓発セミナーやエステに通いまくりです。
ナニーはみごとにインド系、韓国系、黒人系、フィリピン系の人らです。
その中で大卒白人のアニーが奮闘します。
ナニーの人権なんてあってないようなもののようです。

お金がないのはないで大変だけど、あったらあったで色々いっぱい考えなあかんこといっぱいで大変だわと思いました。
次回スカヨハ主演「ブーリン家の姉妹」も楽しみです。


別窓 | le cinema(映画) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
『ぐるりのこと』のこと。
2008-06-03 Tue 23:48
ぐるりのことCHANEL MOBILE ARTの次は映画です。
非常に文化的な?!一日です。

映画と言っても試写会です。
にっぱさんと『ぐるりのこと』を見てきました。
『ぐるり』は何か物の名称ではなく周り(周囲)の意味です。

前回映画を見たのも試写会で『あの空をおぼえている』っていうのでした。
この二つに共通するのは夫婦の映画であり、子供が亡くなって夫婦が落ち込むって話なんですが私は『ぐるりのこと』の方が好きです。

『あの空を~』の方は観客を泣かそうな泣かそうとしている感じで、その術中にまんまとはまり2時間中1時間半は泣いていたのではないかと思います。

この映画で木村多江さん役の奥さんは何でも決めることが好きで、きちんとした性格です。
でも子供が流産して鬱病になります。
きちんとしなきゃ、きちんとしなきゃって思ってても出来ないっていうのは辛いと思います。

私はきちんとした性格でもなく、「思ってたことの半分ほどでも出来たらえぇわ」って感じの私でもあそこまでひどくはないけど上京したての頃は引きこもりチックになりました。
その当時のことを思い出すと胸が苦しくなりました。

さてこの映画の中でリリー(フランキー)さんの職業は法廷画家です。
リリーさんの演技があまりにもナチュラルすぎて、スケッチしてる時「おでんくん」を書いたりしないかひやひやしました。
(私がそんなところでドキドキしてどうする。)
でもおでんくんに近い法廷画に仕上がってるのもありました。
 

ぐるりのこと2リリーさんの演技は下ネタもありでアドリブ満載なんじゃないかと思うくらい普段のリリーさんぽくって、映画の内容は悲しく重いものであるのに笑いどころがいっぱいありました。
(ま、普段のリリーさんはよく知りませんが・・・)

大きな展開はないのですが、淡々と静かに夫婦が再生していくのは見ていて胸が温かくなりました。
夫婦っていまだに何なのかよくわからないし、実感もない。
いったい何なんだろう。
おもろい関係です。


別窓 | le cinema(映画) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
LA VIE EN ROSE
2007-10-13 Sat 23:37
フランス会の流れで残ったアヤ、yukiと「エディット・ピアフ愛の賛歌」(音出るので注意)見たいネェってなってそのまま見に行っちゃいました。
主人公のエディット・ピアフ役のマリオン・コティヤールさんは「プロヴァンスの贈りもの」のでラッセル・クロウと恋に落ちるプロヴァンスの女性の役をやってはりました。
その面影をエディット・ピアフに見ようと思ったけど全然違う人に見えました。
しかもマリオン・コティヤールさんは同じ歳。
47歳までを演じきってはりました。
3回もの交通事故、麻薬中毒、過度の飲酒のせいか、47歳の死の直前のピアフは中年のおばさんを通り越して、おばあさんになってました。
おばあさんというよりかオランウータンかも・・・。

もう少し長く生きてほしかったです。
人を楽しませる才能の長けてたのに残念です。

映画での歌はピアフさんの声でした。
魂のこもった歌は聴いててゾクゾクしました。
フランス語も難しくないフレーズも多くて、ヒアリングの勉強にもなりそうです。
hiropodに入れること決定です。



あらすじ
歌手を目指す母アネッタ(クロチルド・クロー)の娘エディット(マリオン・コティヤール)は、祖母が経営する娼館で娼婦のティティーヌ(エマニュエル・セニエ)らに育てられる。やがて母のように道で歌い始めたエディットは、名門キャバレーのオーナー、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)に見出されるが……。
別窓 | le cinema(映画) | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
Ratatouille .
2007-09-04 Tue 22:50
『レミーのおいしいレストラン』見てきました。
あっもちろん相方とです。
原題は『Ratatouilleラタトゥイユ』です。

映画の中には色んな料理が出てきます。
その中の一つがラタトゥイユです。
私はラタトゥイユが大好きです。
いつぞやにminakkoに作り方を教えてもらってからというもの、夏には必ず作ります。
ズッキーニ、パプリカ、茄子、玉ねぎ、缶入りトマト、にんにく、ベーコンなどなどを炒めてコンソメで味付けます。
(ズッキーニもパプリカも前に比べると、値段もお手頃になってきて嬉しい。←主婦っぽいでしょ。)
水は入れなくても、野菜たち自身の水分が出てきます。

生野菜だとあまり量が食べられないけど煮てあるので夏野菜をたっぷり取れるので元気が出る気がします。
フランス版筑前煮という感じでしょうか?

この映画の中で出てくるラタトゥイユはフレンチの料理なので、ものすごくお上品で作り方も盛り付け方も違います。

あぁ、でもねずみが料理をするわけですよ。
やっぱり気持ち悪いってのが頭から離れなかったのは私だけ?
ハツカネズミは平気だけど、ねずみはあの長い尻尾が気持ち悪いです。
ダーチャにもかつて居ました。
夜中天井裏を走る音がして、怖くて寝れなかった。

料理界の事情や、有名シェフのブランドのレトルトなど
子供以上に大人が楽しめる映画だと思いまチュー。
*****************************************

あらすじ
パリ郊外に暮らすネズミのレミー(パットン・オズワルド)は料理に夢中で、愛読書は今は亡き天才シェフ、グストー(ブラッド・ギャレット)の料理書。そんな彼が住みかを追われ、たどり着いたのはグルメの天国、パリ。しかもあのグストーの残したレストランだったのだ! そこにはグストーの息子を名乗るリングイニという新米シェフが、何一つまともにできずにキッチンを右往左往していた。レストランにとって、ネズミは史上最悪の敵。だが、料理への飽くなき情熱を抑えられないレミーは、またしても大失態をやらかしたリングイニを見事な料理の腕前で助けてしまう。余りにも場違いな世界に足を踏み入れてしまったレミーの冒険は、やがて世界中のグルメたちを揺るがす大事件に発展するのだが…。
rat_wallsParis_800.jpg


別窓 | le cinema(映画) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
レッドカーペットに(のみ)招待される。
2007-08-05 Sun 23:46
試写会をときどき出してました。
でもなかなか当たらないのです。
そしてきっとその応募先から漏れたと思うのですが、消費者金融からの融資の案内とかが来る・・・。完全に個人情報漏れてますね。

そんな中とうとうJAPAN PREMIERレッドカーペットへの招待状が来ました!!!
ジャッキー・チェンさんとクリス・タッカーさん主演の「ラッシュアワー3」です。

今までハリーポッターやらロッキー・ザ・ファイナル、パイレーツ・オブ・カリビアンやら色々ジャパン・プレミアを出したけど当たったことがなかったのです。
なのですごく嬉しかったです。
20070807091232.jpg
ちなみに「ラッシュ・アワー」は1,2とも見たことが無くラッシュ・アワーって朝の通勤の混雑?!というくらいよくわかってませんでした。
レッドカーペットに(のみ)招待される。…の追伸
別窓 | le cinema(映画) | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
夏に(私が勝手に)オススメの映画。
2007-07-17 Tue 23:08
プロヴァンスの贈りものの試写会に行ってきました。
1人で試写会は初めてだったし、1人で映画なんて15年ぶり「野口英世物語」以来・・・。
今月はヨガを週2で行くという目標を掲げたので、昼からヨガのプログラムを2本出ました。
さすがにヨガの2本立てはしんどい上に、集中力がもたないということがわかりました・・・。
ヨガの後の映画だったので、ヘタしたら寝るんちゃうかと思いましたが大丈夫でした。

試写会場に入場する前に並んでた時に二人連れの人が多いし、カバンはあほみたいに重いし、身体もダルいし正直気分は良いものではありませんでした。
大阪やったらなぁ、来てくれる友達の1人や2人や3人や4人いるはずやもんとか思ったり・・・。
会場で私が座った席は5人掛けで5人全員「おひとりさま」でした。
なぁんだみんな友達おらんかったん?!仲間やなぁと思い安心しました。

さぁて映画はこの本を元に作られました。

ストーリー:
ロンドンの金融界でトレーダーとして多忙な日々を送るマックス(ラッセル・クロウ)のもとに、10年も疎遠にしていたヘンリーおじさん(アルバート・フィニー)が亡くなったとの知らせが届く。遺産を相続することになったマックスは、ヘンリーが住んでいたプロヴァンスのぶどう園を訪れるが……。


夏に(私が勝手に)オススメの映画。…の追伸
別窓 | le cinema(映画) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
帰郷ですよ。
2007-06-30 Sat 23:29
大阪から帰郷したばかりの私にぴったり?!な映画ボルベール帰郷を見ました。
yukiオススメの舞妓Haaaaaanと悩んだのですが、何となくボルベールに。
21時40分から始まる回を見に行くのに、帰ったらすぐに寝れるように晩御飯食べて風呂に入ってから行く私らって。。。
あっだからといってパジャマとかではないですよ。
ちゃんとフツウにワンピース着て行きました。

この映画の副題が
女たち、流した血から、花咲かす
です。怖いですね。
wp_1024_768_01.jpg
大好きなアネモネに囲まれたペネロペ凛として美しい。


ストーリー : 10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コバ)のために日々忙しく働いていた。ある日、火事で死んだはずの母親が生きているといううわさを耳にする。そんな中、肉体関係を迫ってきた父親を、パウラが殺害してしまうトラブルが発生し……。



帰郷ですよ。…の追伸
別窓 | le cinema(映画) | コメント:2 | トラックバック:2 | top↑
| ひろぽん♪は~い。 | NEXT
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。