ひろぽん
http://shiroponhiropon.blog12.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ハートやら林檎やら。
2008-08-04 Mon 23:53
スタイ1最近、元同僚が赤さんを産みました。
奈良県でお産をすると言っていたので心配でしたが、初産にも関わらず2時間ほどで出産したらしいです。
天晴れです!

彼女はちょうど半年年下の女の子です。
彼女は世話焼きでしっかりモノなのでいいお母さんになると思います。

なので、スタイ(赤さんのヨダレカケ)を作りました。
あ、別に頼まれたわけではありません。
スタイ2 スタイ3
スタイ4人の赤さんのヨダレカケばっかり作ってんと、自分の子供を作れという声が聞こえてきそうです。
一番身近な相方にも言われた・・・。
っていうかお前が言うな。

今回は男の赤さんということで黄緑色の生地を使ったのにしました。
ギンガムチェックや水玉はやっぱり大好きです。
それに刺し子刺繍をしました。
お家と家、林檎です。

初の試みとして、リボンでハートを描いてみました。
ミシンでリボンは縫いとめてあります。
リボンでイニシャルも出来そうです。

スポンサーサイト
別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハイキングのしおり。
2008-08-02 Sat 22:35
OZE1.jpg午前中は表参道で中国茶の教室に行きました。
午後からはアヤん家で週末の尾瀬の打ち合わせ&しおり作りです。

打ち合わせの前にランチをご馳走になりました。
タイのイエローカレーです。
二日酔い気味だったので、大丈夫か?!と思いましたが野菜がゴロゴロいっぱい入ってて美味しくいただきました。
(写真撮り忘れました。)

私が考えてきた今回の「尾瀬へ行こう」のキャラクター『HATO SAMURAI』を清書したやつをスキャナーで読み取って表紙になりました。

OZE2.jpg何で『HATO SAMURAI』か分かった人は感がいいと思います。

私の周りのパソコンはみんなウィンドウズでMacユーザーはいません。
なのでMacでの操作はすごく、斬新で面白かったです。
イラストレーターというソフトを使っての作業になりました。

文字のフォントや字体も色々便利に変えられ、写真の上に文字を載せることもササッと出来ちゃうアヤはすごかった。

OZE3.jpg「尾瀬」も「OZE」と書くと何かまた違ったかっこよさがあります。
TIME TABLEの骨子はドライバーの相方が考えてくれたのでそれを参考にしました。

歩くルートは
鳩待峠→山ノ鼻→牛首分岐→竜宮十字路→ヨッピ橋→牛首分岐→山ノ鼻→鳩待峠。

所要時間は7時間5分、歩行距離16.3kmの予定です。
普段なまくらな生活をしているので、歩けるか不安・・・。
OZE4.jpg

別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
梅酢かずお。
2008-07-18 Fri 23:30
梅酢かずお。梅酢間に合いました。
昨年梅酢を漬けて、梅サワーにして夏中飲んでました。
冷茶でもいいですが、少し酸味と甘みがある方が美味しいです。
でも今年は何だかバタバタしてて梅酒は何とか漬けたものの梅酢までは漬けれませんでした。

半ば諦めていたところ長野に行った時にまだ青梅が売ってました。
スーパーで売っているものみたいに粒ぞろいじゃないし、器量悪しだけど漬けてみました。

梅酢かずお2。去年何のレシピを参考にしたか覚えてないですが、酢を300mlくらいしか入れなかったです。
今年は900ml瓶入りのお酢丸々1本使いました。
1ヶ月くらいで出来るそうです。

しかもこの酢たっぷりの梅酢は梅の実を漬けっぱなしで賞味期限が1年以上あるそうです。
昨年の酢ちょっぴりのは梅の実がシワシワになったら取り出し、冷蔵庫に入れて2ヶ月で飲み切らないといけなかったです。

梅酢ではピクルスを漬けることも出来るそうなので、キュウリやらカブやら漬けたいと思います。
梅酢かずお3。

別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
織姫になる。
2008-06-22 Sun 20:25
さをりの森1minakkoが機織(はたおり)が出来るところを見つけてくれました。
もうすぐ七夕だし、織姫になろうと行きました。

小学生の頃意味もなく、やったらリリアン(組合の方じゃないよ。)を編みまくったことからもこれは面白そうだ!と今回の帰省のラストを飾るに相応しい企画です。

(珍しく早い!?)朝10時に御堂筋線中百舌鳥駅で待ち合わせして、日本でも指折りのボッタクリ路線泉北高速鉄道に乗り換え光明池で降りました。

あいにくの曇り空ながら、ムシムシした中大きな幹線道路沿いをひたすら歩きました。
(多分もう少し安全な道があったのかな?)

途中で3人に道を聞くもみんな「さをりの森」は知らないと言います。
でも、最後に聞いた人に赤くて外国みたいな建物なんですと言うとピンときたみたいで何とか到着しました。
小山の上に建っていた「さをりの森」は曇天の空の下もとってもキレイな堂々とした赤色で素敵です。
実際この建物を建てるにあたり、外観や色にはこだわられたそうです。

さをりの森8私が行ったときには4人の先生が居ました。
この『さをり織』の創始者の城みさをさんも居はりました。
城みさをさんは95歳の高齢で耳が少し遠いようでしたが元気そのもでほぼずっと立ちっ放しでみんなの作品を見てくれてはりました。

二人の若い先生「さをり王子」は城みさをさんのお孫さんです。
3人の男のお孫さんも「さをり織」の普及に努めてはります。

まず最初に先生がさらっとだいたいの編み方を教えてくれはります。
黒い縦糸に好きな色の横糸を右へ左へ通していくと出来ます。
糸巻きを右に移動したら右足でステップを踏み、左に移動したら左足でステップを踏むという単純作業の繰り返しですが動きを一瞬でも止めると何が何やらよくわからなくなります。

さをりの森6 さをりの森7

さをりの森2色んな色で太いのから細いのボコボコしたのからモケモケしたのとかいっぱいあって、糸を見てるだけで酔っ払いそうになるくらいクラクラします。

機織りする前に糸を選んで手に取っているだけでもう幸せな気分になります。
OKADYAやYUZAWAYAで生地を手にとって手触りを確かめたりする時の気分に似ています。

たくさんある麻やウール、綿などの糸の中から横糸を選んで糸を巻き取るところから始めます。
これはミシンの下糸を巻き取る作業と似ています。
もちろん電動ではないので手でハンドルをくるくる回して巻き取ります。

さをりの森3 さをりの森4

さをりの森5縦糸にフェルトの原毛を挟み込んだりもできるので、私は原毛を手のひらでクルクルとボール状にして挟み込み織りました。

途中で糸を何回も換えたりしたいたので私ら二人は異常に時間がかかり、結局8時間もここに居ました・・・。

休憩に持ってきたお菓子も食べず、鼻歌でも歌いながら織ろうじゃない!と思って持ってきたi-podも使わず、いつもの無駄なペチャクチャ喋りもせず女工か?!仕事か?!というぐらい黙々と織りました。

いやぁ近年稀に見る集中力だったと思います。

さをりの森9今回は綿の糸を使って夏用のストールを織りました。
次回帰った時は冬用のもう少し幅広でウールの糸で織りたいと思います。

いやぁコレはまりますよ。
受講料は基本料800円+糸代(12円/g)なのでこれだけ織っても全部で¥2000ちょっとでした。
小学校の低学年の女の子や男の子も器用に織ってはりました。

ストールを織り終わったあとさをり王子や、みさをさんとコーヒーを飲みながらお喋りしました。
ここに来るのはアラフォー(40代前後)な独身女性が多いそうです。
minakkoと私は24,5歳の独身と思われてみたいです。
まだまだイケそうです。
(堅気の主婦がこんなところで8時間も織物しないか・・・。したけど。)

帰りはさをり王子が駅まで送って下さいました。
さをりの森10
機織り中のminakko.

さをりの森
〒594-1101
大阪府和泉市室堂町613-1
◆開講日:毎日9:30~17:30 / 時間制限なし 

別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
お父さん還暦おめでと。
2008-06-17 Tue 23:38
ちゃんちゃんこーず今回の帰省のメインはお父さんの還暦のお祝いでした。

また頑張りました。
還暦の赤いちゃんちゃんこ作りです。
え、前に作ってたやんって思われますが、あれは女の子用。
今回は男の子用を作りました。

生地選びは女の子用の水玉の生地に決めるのは時間がかかりましたが、その時に男の子用はしましまって決めてたので楽でした。


男の子用はセント・ジェームス風にしました。

女の子用の時はシャツの型紙を使って、型を取りました。
男の子用は大きめに作らないといけないので困りました。
なので私の冬愛用のドテラを元に新聞紙で型紙を作りました。(←もちろん適当です。)

トレーナー生地を扱うのは初めてだったので、切った端からくるって巻いてくるのがややこしかったけど思ったよりかは扱いやすかったです。
ちゃんちゃんこーず2
夜弟夫妻も実家に集まって宴。
私だけ相方が居ないのは置いといて。

PAULのパンによるガスパッチョは我ながら美味しかったです。
バジルは畑から調達。
(実家のマンションには住民による小さな畑があるのです。便利だわ。)

いつかは実家のベランダは広いので、キャンドルを点してガーデンテーブルとガーデンチェアを買ってガーデンパーティーしたいと目論んでいます。
ま、お母さんから「アンタの家ちゃうで!」って声が聞こえてきそうですが・・・。

24時前になってやっと閉幕でした。

お父さん還暦おめでと。…の追伸
別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
梅の実。
2008-06-15 Sun 23:35
梅の実1またこの季節がやってきました。
梅酒を漬ける時期です。
梅の実は最初にスーパーで売り出されてからわりと長い間(1ヶ月くらい)売っているのに、売り出されていると慌てて買ってしまいます。
みなさんはもう漬けられましたか?


梅の実2梅酒には青梅が良いらしいですが、今年は少し熟したもので漬けることにしました。

青山で行った「うさぎ」というお店で飲んだ完熟梅酒が美味しかったので。
杏のような芳醇な甘酸っぱい良い香りします。

梅酒を漬け始めたのは結婚した4年前です。
私の実家では梅酒を漬ける習慣はなかったのですが、相方の実家では毎年漬けてたみたいで相方指導の下漬けました。

今では自分で適当にざっくり漬けてます。
梅酒作りは氷砂糖と梅の実と酒を入れてほったらかしといたって簡単なので続けれます。

今年は焼酎ではなく、果実酒用のブランデーで漬けることにしました。

普段ブランデーは飲みませんが、何やらブランデーで漬けると美味しいらしいという噂です。

焼酎は透明ですが、ブランデーは琥珀色をしています。
焼酎で漬けた梅酒は漬け始めは透明で時間が経つにつれて、濃い琥珀色になっていきます。
なので最初から琥珀色っていうのは変な感じです。
梅の実3 梅の実4
写真右 左はブランデー梅酒、右は去年の梅酒。

昨年の梅酒は奮発して大玉の青梅で漬けました。
吉祥寺の焼き鳥屋「いせや」さんの梅酒は大きなシワシワの梅の実を箸でほぐして一緒に飲むとすごく美味しいかったからです。
例年私の梅酒の梅は実がカチカチでほぐれません、ほぐれて果実まで一緒に飲める位に漬かって欲しいです。
でも昨年の梅酒の梅の実は良い感じでシワシワになっています。
あと一年は梅の実も入れっぱなしにして育てる予定です。

梅酒は飲む用と寝かせる用と分けてます。
毎年寝かせる用が増えます。
植木さんたちは年々大きくなるし、梅酒は増えるしどうしましょ。

梅シロップも漬けたかったのですが、時間が無かったので断念。
(実家に帰る用意や、プロジェクトHを遂行しないといけなかったのでね。)
梅シロップは去年初めて漬けて、夏の暑い時期に梅ジュースにしてすごく美味しかったです。

別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
赤いちゃんちゃんこ。
2008-05-02 Fri 23:04
お母さんが還暦を迎えます。
さてお母さんに何をあげようかなと迷いました。
で、赤いちゃんちゃんこをあげようと決めました。

しかも買ったのではなく縫っちゃおう!って思いました。
赤ちゃんのヨダレカケの型紙はネットでもダウンロード出来るのですが、ちゃんちゃんこの型紙はありません。
ちゃんちゃんこはほぼ直線で出来ているし、自分で作ろうなんて思う人がいないからかありません。

それでも時間が迫ってきたので迷ってる暇は無いので、見切り発車で新宿のOKADAYAへ行って生地選びをしました。
赤いちゃんちゃんこのふんわり感の出し方もわからんし、そもそもOKADAYAにもちゃんちゃんこの型紙はありませんでした。

ちゃんちゃんこ5
完成予想図。手帳へのメモ書きからの始まり。

最初はサテン地かなと思いましたが、中に綿的なものを入れないといけないので断念。
キルティングも見ましたが、気に入ったのがありませんでした。
赤いトレーナー生地があったのでそれにしようと、カット台に並んでいた時に目に入ったのは赤地に白い水玉の厚手の生地でした。

還暦の赤いちゃんちゃんこやけど、別に無地じゃなくてもいいんじゃない?と思い水玉にしました。
会社の人に言うと、草間彌生っぽくていいんじゃない?って人やキャスキッドソンっぽいんじゃないんですか言われたのでそうかもと思いました。

今の60歳は若いので普通の赤いちゃんちゃんこを着せられたら、いくらお祝いでもあんまり嬉しくないかもしれません。(特にうちのおかん。)
でも水玉だったら可愛いから照れながらでも着てくれそうです。

さてさて型紙問題ですが図書館で「木綿のナチュラルベスト」って型紙付きの本を借りてきましたが、型紙はボロボロだし1枚の紙にいくつも書いてあるのでややこしい・・・。
で前に仏語教室の方に戴いた丸えりシャツを作る為の手書きの型紙を利用しました。

ちゃんちゃんこ1

生地を中表にして後ろ身頃を裁断するところはふつうにいけたのですが、前身ごろは左前身ごろと右前身ごろを作らないといけないのに左前身ごろを2枚作ってしまったのです・・・。
(型紙裏返そうよ・・・。)

作りなれていたら絶対にない失敗です。
でもひっさびさだし本とか見てないし、生地の量には限りがあるし失敗してショックでした。
まだ帽子も作らないといけないしねぇ。

気を取り直し生地を裁断して、接着芯を貼り、肩と脇を縫うのは簡単でした。

帽子なんて生まれて初めて作るし、これこそ見本がありませんでした。
給食の配膳の時の帽子に、ベルト芯を縫えばいいのかな?なんて感じで作り始めました。
チャコペンシルに紐をつけてコンパス状にして中心を相方に押さえてもらい、グワーンと直径約60cmの丸を描き切り出しました。
マッチ針で適当にヒダをつけて大体の頭の大きさ(約57cm)にしました。
まるで巨大餃子か?!ってくらいヒダを作りました。
帽子は全部ミシン縫いだったので、わりとラクに作れました。

ちゃんちゃんこ2
高速で縫っているように見えて、写真がブレてるだけ。

一番時間がかかったのはちゃんちゃんこの生地の端っこの纏り縫いです。
切りっ放しでもいいかと思いましたが、どうせなら美しく仕上げようと頑張りました。
ここは相方にもお手伝い願いました。
相方は器用なので表に縫い目が見えないようにすくい縫いするんやでって言うと大人しく真面目にやってくれました。
しかも上手です!
ちゃんちゃんこ3 ちゃんちゃんこ4

今回軽井沢ではハワイアンキルトでもゆっくりしようかしらなんて思ってたけど、仕上げの纏り縫いで必死でした。
別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フィンランディアとダーラナホース。
2008-04-19 Sat 22:07
私の住んでいる街でゴミ袋の有料化が始まりました。
いろんな種類のゴミ袋をスーパーで買ってくるのです。
面倒くさいし、何か嫌だと思ってたけどゴミは確実に減ってきてるように思われるし買ったものがゴミにならないか考えるようになりました。
ゴミの分別も今まで以上に細かくなり、雑紙、再利用できるプラスチック、燃えるゴミ、燃えないゴミ、ダンボール、有害ゴミなどなどです。
私のいた大阪時代は捨て放題やったのに雲泥の差です。

さて先日スーパーで買い物をした後、買った物を袋に詰めてて何気なくゴミ箱をみたら!!!
何と!そら豆のサヤの部分がモリモリ捨ててありました。
確かにそら豆は食べられる部分がチョロットしかなくてほとんどゴミやけど・・・。
ここでサヤを剥いた人がいたみたいです。
ビックリな出来事でした。

************************************
Cokkie.jpg

最近お休みのたびに家の中に引き篭もってコチャコチャと1人遊びしています。
東京に最初に来た最初のバレンタインデーぶりにクッキーを焼きました。
その時はアイスボックスクッキーと言ってクッキー生地を型抜きするのではなく、棒状にしたのを輪切りにしたやつを作りました。

今回はずいぶん前に買って放置してあったダーラナホースとフィンランディアのクッキー型で型抜きクッキーで作りました。
ダーラナホースはスウェーデンのダーラナ地方で子供のおもちゃとして作られたのが始まりだそうです。
フィンランディアはフィンランドの建築家アルヴァ・アールトのデザインで湖の形と言われたり、北の方に住んでいる女の人のトナカイの皮のパンツの形とか言われてます。

 
生地にはお抹茶を入れたのですが、あまり香りも味も色も付かなかったのが残念。
さらにめん棒が無かったので、手で平らにすると手のぬくもりで生地が柔らかくなりすぎてクッキーの型抜きがうまく出来ずに結構大変でした。
とりあえず念願のクッキー型も使ったので満足なので、またしばらく作らないだろうなぁ。
別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
久々にキルト。
2008-03-19 Wed 23:21
少し暇が出来たらまたハワイアンキルトをやろうと1年以上前から思ってました。
でもなんだかんだであっという間に時間は経ちやっとまたやる気になりました。

前回は何を思ったか生地の長さを間違ってしまったので、今回は慎重に慎重に測りました。
白と紫のギンガムチェックに水色地に白の水玉にしました。

デザインは前回と違うのにすればよかったにまたもや葉っぱです。
ハワイアンキルトは教室に通ったり習ったことが無く、本を見ての独学です。
ミシンで直線縫いをダダダダーとやるのも好きですが、一針一針チクチクやるのも大好きです。
アロハオエ1
葉っぱの部分をくり貫いてマチ針を刺したところ。

ちっさいお猪口の針山とコウノトリ?の糸切りばさみはminakkoから貰ったものです。
針山は古い着物の切地を使ってお饅頭のようにしてお猪口に入れてあります。
糸きりばさみはフランス製のもなので本来はフランス刺繍用なのかもしれませんが、クチバシの先が細くなっていてすごく使いやすくていいです。
アロハオエ2
針山と糸切りばさみ。しつけ糸をしたところ。

完成はゴールデンウィーク終わったくらいを目指していますが、どうかしら?

別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
再び梅酒。
2007-06-20 Wed 12:37
世の中の堅気の同年代の人はだいたい仕事をしているか子育てしてるかで、
大阪に居る時の私のように仕事もせず習い事もせずプラプラしてる人はあまり居ないでしょう。
今日の午前中、私はすこぶる暇でありました。
(お昼からはお父さんとデイトなんだけど。)
なのでもちろん在阪局のこゆい番組見まくりでした。
それでもまだまだ暇だったので実家でも梅酒を漬けようと思い近所のスーパーに行きました。

山盛り漬けようと壜は10号(8L用)、梅の実2kg、氷砂糖1kg、ホワイトリカー3600ml(2本分)を買いました。
めっちゃくちゃ重くて死にそうになりました。
しかもしめて5000円くらいかかりました…。
分量はいつもの倍でしたが、梅酒作りも4年目に入り今年は2回目の漬け込みなので大変じゃなかったです。
何ならもっと漬けたかったくらいです。
梅酒は便秘にも良いらしいので出来たあかつきにはお母さんにいっぱい飲んでもらおうと思います。
20070626202737.jpg
ホワイトリカーを入れる前はちゃんと氷砂糖・梅の実・氷砂糖・梅の実・氷砂糖とサンドイッチしました。
でも結局は氷砂糖が上で梅の実が下になっちゃいます。
それから氷砂糖が下に沈殿して梅の実は上のほうでゆらゆらしています。

実家梅酒も仕込んだし、お正月に帰ったときには少しは飲めるかな?
若い梅酒は焼酎が臭すぎて飲みにくいですが。
何やかんやで今年は梅の実4kg漬けました。

梅の実の芳醇な香りを嗅ぎながら梅の実を洗って、
優しく水気を拭いてあげると現れるビロードみたいな実の感触を楽しみ、
ひとつひとつ地味にヘタを爪楊枝で取ります。

もう梅酒や梅シロップを飲むということより、梅の実の季節に漬け込むという作業が楽しいです。


別窓 | ●○●てづくりもの●○● | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ひろぽん♪は~い。 | NEXT
copyright © 2006 ひろぽん♪は~い。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。